安室奈美恵がアニメになって「世界平和」のメッセージ

■その他の写真はこちら

 人気歌手・安室奈美恵の新曲「Dr.(ドクター)」のミュージックビデオ(MV)が初のフルアニメーションで制作されたことが11日(水)、わかった。安室自身がアニメとなって登場し、“時空を超えて「世界平和」のメッセージを伝える”というコンセプト。同社では「壮大な社会派ミュージックビデオ」とうたっている。今月18日発売の両A面シングル「WILD/Dr.」(CD+DVD)にMVを収録したDVDが同梱される。

 安室が出演する『ヴィダルサスーン』(P&G)のCMなども手がけたクリエイティブディレクター・佐藤秀一氏が企画し、アニメーション会社・神風動画がアニメを製作。映画『スチームボーイ』を制作したアニメーションチーム・サンライズ荻窪スタジオをはじめ、安室の呼びかけに応じた国内有数のスタジオが共同で作品を仕上げた。

 MVの舞台は、環境破壊や大量殺戮兵器など人類の愚行により廃墟化した西暦3000年の地球。コールドスリープ状態で残された安室は、曲名にもあるドクター・クロノス(※ギリシャ神話で時を操る神)と共に、過去の人類に未来からメッセージを届けるために始動する。2500年代、2200年代の“悲しい地球”を経て2000年代に送られた安室は、一人の少女にメッセージを伝えることに成功(写真)するが、果たして地球と人類の運命は変えられるのか――という早くも“続編”を匂わせている。

オリコントピックス

メニューを閉じる