• ホーム
  • 芸能
  • 「元気ですので御心配なく!」声優・古谷徹が死亡説を一蹴

「元気ですので御心配なく!」声優・古谷徹が死亡説を一蹴

■その他の写真はこちら

 インターネット上で死亡説が流れていた声優の古谷徹が、1月29日(木)付の公式ホームページで、「変な噂が流れているようですが、他界したのは僕ではなく母(享年81)です。僕はモチロン、父も元気ですので御心配なく!」と死亡説を一蹴。自身は健在であることをアピールした。

 古谷は『巨人の星』の星飛雄馬役、『機動戦士ガンダム』の主人公・アムロ・レイ役、『聖闘士星矢』のペガサス星矢役などで知られる日本を代表する人気声優。そんな彼の死亡説を一部メールマガジンが27日(火)に掲載し、インターネット上で広まった。中には、古谷の所属プロダクションに直接電話し、安否を確認するファンもいたようだ。そんな中、古谷本人が公式ページで無事を報告し、亡くなったのは母親だと自ら明らかにした。

 古谷は、現在放送中のアニメ『機動戦士ガンダム00』(TBS系)のナレーションのほか、『新造人間キャシャーン』をリメイクしたアニメ『キャシャーン Sins』(MBSほか)の主人公・キャシャーン役を担当。また、マルチメディア・カーナビ『CaroNavi』でナビゲート用音声データを配信して話題を呼ぶなど、精力的に活動している。





関連写真

  • 古谷徹[07年9月撮影] 
  • 世界名作劇場の最新作『ポルフィの長い旅』のアフレコ取材会に出席した古谷徹、高山みなみら 
タグ

オリコントピックス