• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • エイベックス松浦社長が暴露、倖田來未は落選だった!?

エイベックス松浦社長が暴露、倖田來未は落選だった!?

■その他の写真ニュースはこちら

 “MAX松浦”の愛称でも知られるエイベックス松浦勝人社長が、歌手の倖田來未が新人発掘オーディションで落選の可能性があったことを暴露した。29日(水)放送のニッポン放送『MAX松浦のオールナイトニッポン』(深夜25:00)でゲスト出演した倖田とのトークで明かしたもので、「(倖田は)オーディションは準優勝だっけど、ちょっと判断を間違ってたら落ちていた」という。また倖田の妹・misonoからの「来年、姉妹でなんかやりたい」という提案には「やった方がいい」(松浦氏)と倖田姉妹のコラボ案に本腰を入れる可能性を示唆した。

 「えぇ。どういうことー!」――。倖田の悲鳴にも似た怒り声が響き渡った。松浦氏は「オーディションで40人から20人に絞る時、ビデオ、書類、歌を聴いても選びきれなくて1人ひとりと面談をしたんだけどね。(面談なしで)それだけで選んでたら…。うちは歌唱力だけじゃなく、総合エンターテイメント会社だから。ちょっと太いところとか(当時は)いろいろあったからね」と当落ギリギリだった審査当事の様子を振り返った。

 この見解に倖田は「エイベックスって細くないとあかんねんもん」とあきれた様子だったが、松浦氏は「でも、面談してすごく面白くて。キャラクターがあった」。これが決め手。さらに「得るものがあれば必ず失うものもある。そこを理解して負けないように、今以上に大きくなってもらわないといけない。うちの営業利益が掛かってるんだから(笑)」と今後の活躍に期待を込めた。

 また、倖田の妹で歌手やタレントとして活動するmisonoもゲストとしてトークに乱入。misonoの「来年、姉妹でなんかやりたい」という提案に松浦氏は「やった方がいい」と倖田姉妹のコラボ案に本腰を入れる可能性を示唆した。

 同番組では今年創立20周年を迎えた同社の歴史と音楽を松浦氏自ら紹介。現役のレコード会社社長が同番組の1部に出演するのは今回が初となった。
倖田來未

タグ

オリコントピックス

 を検索