• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

つるの剛士、子供は「せめて5人は欲しい」と熱望

■その他の写真はこちら

 “おバカ”アイドルユニット・羞恥心の一員としても人気を集めるタレント・つるの剛士が3日(日)、東京・原宿のアメーバスタジオで行われた俳優・杉浦太陽の新番組『太陽のメッサ○○しゃべり太陽〜ニチゴジ〜』の公開生放送にゲストとして登場。現在3人の子供の父親でもあるつるのは、番組終了後のインタビューで「3人じゃインパクトが小さいから、せめて5人は欲しい」と熱望した。

 つるのは『ウルトラマンダイナ』(1997年放送)、杉浦は『ウルトラマンコスモス』(2001年放送)とウルトラヒーローを演じていた2人は、幼い頃、七夕の短冊に「ウルトラマンになりたい」と書いていた事を告白し「(ウルトラマンになれたことを)誇りにしていきたい」(杉浦)、「今、ここにどんな怪獣が来ても大丈夫!」と揃って胸を張った。また杉浦は、携帯電話の着信メロディに登録するほど羞恥心にハマっているようで、つるのが歌唱している際「いつもの先輩(つるの)ちゃうわ、と思ってびっくりした」と話し、それを受けたつるのは「“羞恥心”のない先輩でごめんなさい」と恐縮しきりだった。

 さらに、お互いに子供をもつ父親であることから、話題は自然と子育ての方向へ。「育児は自分の勉強になる。親に対する感謝を、自分が親になってから知った」という杉浦に対し、つるのは「俺が楽しく生きていれば、その背中を見て子供は育ってくれると思う」とそれぞれの子育て論を展開した。また、つるのは「子供を3人一緒に抱っこしたときに物理的に手が足りなくて、そこで初めて『子供がいるんだ』って実感した」と“独自の感覚”を明かし、報道陣の笑いを誘っていた。

【コメント映像】 羞恥心「泣かないで」
【PV】 羞恥心「泣かないで」
【カラオケ】羞恥心「泣かないで」

今月の写真ニュース一覧をみる

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 「(子供は)せめて5人は欲しい」と熱望したつるの剛士 
  • 自身がMCを務める新番組『太陽のメッサ○○しゃべり太陽〜ニチゴジ〜』の公開生放送を行った杉浦太陽 
  •  
  • Wスペシウム光線! 
  • 番組収録中の模様 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索