• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

絶好調“相棒”に賞金100万円

■その他の写真はこちら

 日本人の心や人と人との触れ合いを温かく取り上げてきた番組や人物に贈られる『第16回 橋田賞』の授賞式が10日(土)、都内で行われ、俳優の水谷豊寺脇康文の“相棒コンビ”が受賞。授賞式後に取材に応じた水谷は、副賞として贈られた賞金100万円について「半分ずつかもしれないから、あとで確認しないと」とおどけてみせ、寺脇は「もしそうでも60万円あげます」と先輩を立て、名コンビぶりを発揮した。

 映画『相棒−劇場版−』が公開10日目にして150万人を動員するなど、大人気の『相棒』シリーズ(テレビ朝日)で、個性に富んだ魅力的な刑事コンビをつくり上げたとして同賞を受賞。水谷は「このようなことが起こるとは想像もしていませんでした。『相棒』は我々が思っていたよりいいのかもしれないですね」と改めてその人気に舌をまいた。

 2000年6月に単発ドラマとして初めて放送されて以来、コンビを組んで8年。今後の行く末が気になるところだが、水谷は「計算できません。寺脇が還暦を迎えると僕は古希」とコンビ解散は死ぬまでなさそう。寺脇も、おじいさんになった想定で「犯人ちょっと待て〜」と追いかける仕草で、笑いを誘っていた。

 その他、『新人賞』に小栗旬と『花より男子2〜リターンズ〜』(TBS系)の井上真央、『橋田賞』には『関口知宏の中国鉄道大紀行〜最長片道ルート36,000をゆく〜』(NHK)の関口知宏、『どんど晴れ』(NHK)の草笛光子、『はだしのゲン』(フジテレビ系)の中井貴一、『ハケンの品格』(日本テレビ系)、演出家・石橋冠(『点と線』テレビ朝日系)、脚本家・君塚良一(『はだしのゲン』フジテレビ)、脚本家・小松江里子(『どんど晴れ』NHK)、橋田賞特別賞には脚本家の山田太一が輝いた。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 水谷豊 
  • 寺脇康文 
  • 水谷豊、寺脇康文の“相棒コンビ” 
  • 水谷豊、寺脇康文の“相棒コンビ” 
  • 小栗旬 
  • 井上真央 
  • 井上真央 
  • 授賞式の模様 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索