• ホーム
  • 芸能
  • 林家いっ平、同級生・坂井真紀への恋心を明かす

林家いっ平、同級生・坂井真紀への恋心を明かす

■その他の写真はこちら

 女子大生100人が選ぶ『イケメンらくご家グランプリ』の表彰式が22日(火)に都内で行われ、49歳から35歳の部で1位を受賞した林家いっ平らが出席した。表彰式前に行われた公開取材で女子大生の恋愛相談にのるなど“イケメンぶり”を見せつけたいっ平は、中学生時代に同級生だった女優の坂井真紀へ告白しようと考えていたことを明かした。

 自前の黒いスーツにグッチのシューズという“イケメンルック”で登場したいっ平は「女性一人を大切にできない人は噺家としても成功できない」と女子大生を前に持論を展開。恋の失敗について聞かれると「お化け屋敷で怖くて女の子に抱きついたら嫌われた。あと、ケータイのGPS機能で彼女の居場所を探したことかな」と答えると、会場が微妙な空気に包まれる場面もあった。

 そんないっ平だが「中学生の時に告白しようと思ったけど、彼氏がいたんですよ。その子が坂井真紀ちゃん。同級生で、芸能界で唯一芸名じゃなく『泰助』と呼ばれてます」と過去の淡い恋心を明かし「(坂井もいっ平も)お互い独身ですもんね」と今後の展開に期待を寄せた。

 また、一部で報道された“マザコン説”について質問が飛ぶと「嘘ですよ。姉貴が口走っただけ。泰葉ってそういう人間なんです。(母親と)一緒にお風呂は入っていません。詐欺罪です。これが本当の“入浴罪”」としっかりオチをつけた。

 その他、同部門2位の林家たい平、34歳から30歳の部門1位の柳家三三(やなぎや・ざんざ)、2位の昔昔亭慎太郎(せきせきてい・しんたろう)、3位の三遊亭王楽も出席。同グランプリの詳細は女子大生が制作・発行している落語界初のフリーマガジン『らくご☆まがじん』の第5号に掲載。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 林家いっ平 
  • 柳家三三 
  • 林家たい平 
  • 昔昔亭慎太郎 
  • 三遊亭王楽 
  • 落語家のイケメン5人が集結 
  • 林家いっ平 

オリコントピックス