• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

ラーメンの具、トッピング選手権

■ランキング表はこちら

 「ラーメン」といえば麺とスープの基本材料のほか、チャーシューやネギ、メンマといったトッピングがデフォルトとなっている印象が強い。さらにオプションとしてさまざまなトッングを加えることができるお店も多く、そういった“自分流カスタマイズ”もなかなか楽しい。今回はそんな「ラーメンのトッピング」における人気ランキングを調べた。

 1位は「チャーシュー」。主な意見としては「チャーシューが乗っかっていないラーメンは考えられない」(40代女性/北海道)「これがないとラーメンとは呼べないでしょう。不可欠な要素」(専門・大学生/男性/福岡県)といった、もはやトッピングではなくラーメンの一部! と主張するもの。重要度はもはや麺とスープと同類?

 続いて2位は「ねぎ」。「シャキシャキ感がたまらん」(20代社会人/男性/鳥取県)「ねぎの食感がたまらない。ねぎラーメン最高!!」(専門・大学生/男性/神奈川県)など、とにかく多かったのは食感に対する意見。そのほか「微妙な辛味がしつこさを軽減してくれるため」(専門・大学生/男性/神奈川県)「ねぎの香りがラーメンをあっさりとさせる」(30代女性/東京都)といった、辛味と刺激による口直し的役割をあげる人も多かった。

 3位は「味付けたまご」。こちら特徴的なのは「お店によって味が違ったりするから、それも楽しみの一つ」(専門・大学生/女性/東京都)「トロっとした黄身が美味しいから。たまごが美味しいとそのお店のラーメンも美味しい」(専門・大学生/女性/兵庫県)など、味付けたまごにお店の個性を感じたり、良し悪しを見極めたりという意見。チャーシューに比べたらトッピングとして目立たない分、そこで手を抜くかどうかでお店の熱意が分かるという理論だろうか? 確かに一理ありそうだ。

 そして4位はこちらも定番「メンマ」、5位は「もやし」と続き、6位は「角煮」がランクイン。同じ肉として角煮がチャーシューとどう違うのか気になるところだが、「チャーシューとは違う高級感」(中・高校生/男性/北海道)「チャーシューよりも食べ応えあるし、トロトロに溶けつつも味がしっかりついているから」(20代社会人/女性/神奈川県)など、ひそかにファンが多い。

 全体的なランキングの傾向をみると、定番のものが定番通りに上位だという印象。ラーメンにおいてはつけ麺や冷やし麺、油そばといった画期的なものが受け入れられている今日この頃だが、トッピングにおいてはスタンダードから外れないものが好まれていることがわかった。

(2007年4月23日〜4月26日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1000人にインターネット調査したもの)




■オススメのグルメ情報はこちら←全国エリアに対応!


オリコントピックス

 を検索