アニメ&ゲーム カテゴリ

卓球の愛ちゃん、左手首にブレスレット

 世界中で増加している糖尿病の撲滅に積極的に取りくむ『グリコヘモグロビン(HbA1c)認知向上運動』のイベント開催記者会見が5月14日(月)に都内ホテルで行われ、卓球選手の福原愛が糖尿病撲滅を訴えた。

 健康のため、食事や睡眠に気を遣っているという福原は「今日は、私もすごく勉強になった。甘いものを食べ過ぎたら糖尿病になるくらいしか知らなかったけど、1人でも多くの人がグリコヘモグロビンを知って、糖尿病になる人が減ってほしい」と力強く語った。

 また、左手首に付けていたブレスレットについて聞かれると「昨日お守りとして付けたんです。作ってくれたお姉さんが願いを込めてくれた」と説明。そして「長袖を着てたのに見つけるなんてすごい!」と報道陣の鋭さにビックリしていた。

 現在、日本の6人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍といわれ、世界では10秒に1人が糖尿病で亡くなっている(IDF(国際糖尿病連合)より)。糖尿病の診断と治療において、ヘモグロビンとブドウ糖がくっついてできる“グリコヘモグロビン”は重要で不可欠な存在。そのことを知るためのイベント『楽しくウォーキング&卓球体験』が、6月3日(日)にお台場・東京国際交流館で開催される。

(社)日本糖尿病協会公式サイト:http://www.nittokyo.or.jp/



オリコントピックス