• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

高校生のアルバイト月収 5万円未満が過半数

■調査結果表はこちら

 欲しいものがたくさんあるとき、まず考えるのがアルバイト。多く働けばたくさん稼げるが、同時に自由な時間が失われる。もちろん学生なら勉強だってしなくてはならない。重要なのはバランス。どれくらい働いてどれくらい遊んでどれくらい勉強するかだろう。そこで今回は「アルバイトの平均月収&労働時間」をテーマにリサーチを行った。

 まず平均月収だが、高校生は【20,000〜30,000円未満】と【30,000〜50,000円未満】の合計が、女性が51.0%、男性が60.4%と過半数を超えている。専門・大学生は【30,000〜50,000円未満】と【50,000〜70,000円未満】の合計が女性51.7%、男性50.0%で、20代は【70,000〜100,000円未満】と【100,000円以上】の合計が女性65.8%、男性84.7%。どの年代も一定の範囲に集中している傾向がある。

 次に1日の平均勤務時間。高校生は【3時間〜4時間未満】+【4時間〜5時間未満】で女性67.4%、男性58.1。20代は【7時間〜8時間未満】+【8時間以上】で女性50.0%、男性61.0%と、こちらも一定の時間に集中傾向にある。専門・大学生については、女性が3時間〜6時間未満、男性が4時間〜7時間未満が中心でありながらも、それ以外にも様々なケースが多く散見された。特に【2時間未満】など短時間の人たちも多く、これは「家庭教師」「塾講師」などの、短い時間でも集中して教える知的労働という仕事も選択肢があるためだろう。

 高校生は、学校や部活動・塾などがあり、また深夜勤務ができないことから必然的に労働時間が短くなり、月収も少な目になる。専門・大学生や20代は、自由に自分のことに時間を割ける環境になるためか、労働時間のパターンもさまざまな形となり、比較的バラけた分布に。20代になると、独力で生活を送るために、稼ぐ必要があるため、労働時間が長いケースも目立つのではないだろうかまた、男女を比べると、男性のほうがより長時間働き、月収も多い傾向が見られる点も興味深い点だ。

(2007年1月25日〜1月29日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、アルバイト経験のある高校生、専門・大学生、20代の男女300人、合計600人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索