• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

井ノ原快彦ら主演映画の試写会にサプライズ!?

 11月20日(月)に丸の内ピカデリー1にて、映画『天国は待ってくれる』の完成披露試写会が行われ、出演者のV6の井ノ原快彦をはじめ、清木場俊介、岡本綾、戸田恵梨香、原作・脚本の岡田恵和、監督の土岐善將が登場し、舞台挨拶を行った。

 初映画出演となった清木場は「すべてが初めてでしたが、共演者の方に教えてもらいました。この作品に出れて光栄に思います。それと、土岐監督に寝てるシーンがうまいねと言われたのですが、喜んでいいのやら…」と苦笑いしながら感想を述べた。
 また岡本は「友情の話なんですけれど、最後にはあったかい涙が流れるような作品」と今作を紹介した。

 井ノ原は「初めて出来上がった映画を観たときに、友達って、親ってなんだろうと考えさせられました。人それぞれに答えはあるだろうけれど、この映画はその答えのヒントをいっぱい与えてくれると思います。映画を観た人が自分を僕らの誰かの役にあてはめて、考えるキッカケになってくれれば嬉しいですね」と見所と語った。

 また、この日は出演者にゆかりのある多くのゲストが応援に駆けつけ、サプライズな演出で会場をさらに盛り上げた。

 まず、井ノ原には新聞配達をしながら学校に通っている学生3名が登場し、エールを送った。これには以前、新聞配達をやっていたという井ノ原も大喜び。「当時、151部の新聞を配っていましたよ」と具体的な数字をあげ、驚きと笑いを誘った。また、清木場には映画撮影でお世話になった築地の人がマグロの頭を持って現われ、「最初、清木場さんだと気付かなかった」と打ち明けられ、笑いの耐えない会場となった。

 戸田には、映画の役の子供時代の役を演じた久保田琴音が愛くるしい笑顔で応援に。そして岡本には、プライベートでも仲が良いという女優の香里奈が登場し、井ノ原と清木場はハイテンション。あまりの2人のはしゃぎっぷりに岡本は「男性陣が(香里奈の登場で)喜んでいる。私って…」と少し肩を落とす(?)場面もあった。

 さらにスペシャルゲストとして、V6のリーダー・坂本昌行も祝福に訪れ、会場は歓喜の嵐に。映画を観たという坂本は「泣き所というのがあると思うのですが、僕はずっと泣いていました。最後の最後で清木場さんがいいですよね!」と興奮交じりで感想を述べ、絶賛していた。

 映画『天国は待ってくれる』は、丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にて2007年2月10日より公開される。

○<いい恋(結婚)がしたい>
☆Oricon mariage(マリアージュ)
☆恋愛を楽しみたい人たちへ贈る特集コーナー
タグ

    オリコントピックス

    あなたにおすすめの記事

    >

     を検索