• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

乃木坂46柴田柚菜、遠藤さくらの影響で“変われた”「彼女はとっても自由なんです」

 アイドルグループ・乃木坂46柴田柚菜が、23日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ Vol.337』(ワニブックス)に登場する。4月10日に35thシングル「チャンスは平等」の発売を控える乃木坂46の大特集号となる今号に掲載されるインタビューの一部が公開された。

23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する柴田柚菜

23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する柴田柚菜

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 4月には初主演となる舞台『恋と呼ぶには気持ち悪い』も控える4期生の柴田は、役柄に合わせて髪を15cm以上切り、イメージもガラッと変わったタイミングで緊急撮り下ろし。21歳になって初のグラビアは、元来柴田が持つ魅力である“元気でキラキラした魅力を秘めた少女”にフォーカスした11ページになった。20歳の1年は「変わるきっかけをつかんだ」という柴田に、21歳に向けての想いも聞いている。

■柴田柚菜 インタビュー抜粋

――21歳になりました。二十歳の1年、ご自身ではどう振り返りますか?

今までにない気づきがあった年だったかもしれません。自分がどうやってここまで来たのか、これからどうやっていくのかを改めてよく考えた1年でした。色々と気付いたことがあって、(中略)1つには私、もしかしたら自己評価が厳しすぎるのかもしれないと。(中略)ファンの皆さんから“カワイイ”って言ってもらえることに関しても、少しずつ素直に受け止められているような気がします。最近短くした髪も、実は自分ではまだ見慣れないのですが、ほめて頂けることが多くて、素直に“良かった”と喜びたいなと思っています。

――そういう風に変われたのは何かきっかけがあったんですか?

“この人は私とは違う視点を持っている”と思うメンバーの話をたくさん聞いたりするようになりました。

――そのメンバーとは具体的には誰なのか、差し支えなければ教えて頂けたら。

さく(遠藤さくら)です。彼女はとっても自由なんです。必要以上に構えないと言うか、人によって態度を変えたりしないし、自分が他人にどう映っているのかあまり気にしたりしないので一緒にいて楽で。ああ、私ももっとさくのように自由になりたいと思いました。(中略)私ももっと、型にはまらない生き方をしてみたいです。(中略)そういう意味で、今回頂いた舞台のお仕事(『恋と呼ぶには気持ち悪い』)はすごくいいチャンスを頂いたと思っていて、悔いのないよう精一杯頑張りたいと思っています。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 『アップトゥボーイ』乃木坂46特集号、池田瑛紗が初登場にして初表紙 柴田柚菜&菅原咲月もグラビア披露
  2. 2. 現役藝大生・池田瑛紗「アイドルとしての私は乃木坂46として生まれて、乃木坂46として消滅していく」
  3. 3. 乃木坂46菅原咲月、アンダーライブは「涙が止まらなくなる」 大好きな「踏んでしまった」パフォーマンス参加を熱望
  4. 4. 乃木坂46柴田柚菜、遠藤さくらの影響で“変われた”「彼女はとっても自由なんです」

関連写真

  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する柴田柚菜
  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する菅原咲月
  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する池田瑛紗
  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』で表紙を飾る池田瑛紗
  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する池田瑛紗
  • 23日発売『アップトゥボーイ Vol.337』に登場する菅原咲月

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索