アニメ&ゲーム カテゴリ
ORICON NEWS

任天堂、『マリオ』新作アニメ映画制作発表 2026年4月3日公開予定

 任天堂は10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州サンタモニカ、代表:Chris Meledandri)と『スーパーマリオ』の新たなアニメ映画の制作を進行していることを発表した。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のビジュアル(C)2023 Nintendo and Universal Studios. All Rights Reserved.

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のビジュアル(C)2023 Nintendo and Universal Studios. All Rights Reserved.

写真ページを見る

 この『スーパーマリオ』の新たなアニメ映画の劇場公開日は、米国を含む多くの国と地域において、2026年4月3日を予定。その他の国と地域についても、2026年4月中の劇場公開を予定している。

 『スーパーマリオ』の新たなアニメ映画は、イルミネーション創業者で代表のChris Meledandri(クリス・メレダンドリ)と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂が共同でプロデューサーを、Aaron Horvath(アーロン・ホーヴァス)とMichael Jelenic(マイケル・ジェレニック)が監督を、Matthew Fogel(マシュー・フォーゲル)が脚本をそれぞれ担当。また、映画の制作にはUniversal Picturesと任天堂が出資し、配給は全世界においてUniversal Picturesが行う。

 イルミネーションは、任天堂とのパートナーシップを継続することで、任天堂ならではの喜びと発見のミックスを世界中のあらゆる年代の人々へ、世界で最も知られるフランチャイズの愛されるキャラクターやストーリーに触れてもらう機会を提供していく。

 『スーパーマリオ』の映画は2023年4月に公開され、興収140億円を突破する大ヒット。任天堂のゲームキャラクター「スーパーマリオブラザーズ」を原作とする映画で、ニューヨークで配管工を営む双子の兄弟マリオとルイージが、謎の土管で魔法に満ちた新世界に迷い込み、絆の力で世界の危機に立ち向かうアクションコメディー。ユニバーサル・ピクチャーズと任天堂が共同出資し、ユニバーサル・ピクチャーズが全世界で公開した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索