• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 太田光、松本人志騒動へ思い熱弁 報じられた芸人たちへ「大げさに言うと、生きるか死ぬかだよ」【ほぼ全文掲載】
ORICON NEWS

太田光、松本人志騒動へ思い熱弁 報じられた芸人たちへ「大げさに言うと、生きるか死ぬかだよ」【ほぼ全文掲載】

 お笑いコンビ・爆笑問題太田光が、28日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前9:54)に生出演。活動休止したダウンタウン松本人志の騒動に触れ、思いを熱弁した。太田の文脈を踏まえたニュアンスを紹介するために、ほぼ全文を掲載する。

(左から)松本人志、太田光 (C)ORICON NewS inc.

(左から)松本人志、太田光 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 一連の『週刊文春』報道を受け、松本は今月8日、裁判に注力するため活動休止を発表。吉本興業は「このまま芸能活動を継続すれば、さらに多くの関係者や共演者の皆様に多大なご迷惑とご負担をお掛けすることになる一方で、裁判との同時並行ではこれまでのようにお笑いに全力を傾けることができなくなってしまうため、当面の間活動を休止したい旨の強い意志が示されたことから、当社としましても、様々な事情を考慮し、本人の意志を尊重することといたしました」とした。

 22日は、松本が文藝春秋社などに対して、名誉毀損による損害賠償と訂正記事による名誉回復を求めて提訴したと公表。一方で、吉本は24日に「週刊誌報道等に対する当社の対応方針」として、「現在、当社におきましては、コンプライアンスアドバイザーの助言などを受けながら、外部弁護士を交えて当事者を含む関係者に聞き取り調査を行い、事実確認を進めているところです」などと伝えた。

■太田光のコメントほぼ全文

この話になると、どうしても法廷で勝つか負けるかみたいな、この番組もどうしてもそういう感じになりがちなんだけど、僕がずっと感じているのは、文春で証言している女性たちは別に松本さんを犯罪者だって告発しているわけではなく、こういうことがあって、過去にこういうふうに何か言われたと、それが自分の中で傷として残っている。それは松本さんは意識してないかもしれないけども、「私はあれは傷ついたんですよ」っていうことを、今まで言える状態じゃなかった、だけどあれは傷だよねって思ってくれる社会になってもらえたら、自分もやっぱり傷だったんだって言える。そのことが彼女たちにとってはもしかしたら一番大事なことで。彼女たちは松本さんをコテンパンにやっつけて、なんていうのかな、立ち直れないほどの打撃を与えようとしていわけじゃないような気がないと思うんですよ。とにかく自分の問題として、あれは傷だったんだから、傷だって言っていいですよね、この社会で?ということだと思うのよね。

だけど、文春の意向っていうのはまたちょっとそことは違いますよね。(女性たち)個人はそれぞれ濃淡あると思うけど。週刊文春っていうのは、いわゆるこういうことが過去に行われた。さあどうなんでしょう、組織的な?っていう意味で社会に一石を投じるという意識があって。彼女たちそれぞれの本質と、今のこのみんなが話し合ってるちょっとズレていっちゃうことが、とても、果たしてこれでいいのかなと思うし。

こういうことになると、もうここ数年ずっとそうだけど、やっぱりSNSの社会だから、文春が意図している以上に、なんていうのかな、私刑(わたくしけい)みたいなことが、それはもう制御できないぐらいに広がっていきますよね。そうすると、1人の人間をコテンパンにやっつけられるみたいなことが起こり得る。それはやっぱり我々社会がこれをどういうふうに受けとめて、SNSをやっている人たちも、そこは注意しないと、人を守れなくなっちゃうし。

で、松本さんは今回こういう形で提訴したっていうことは、松本さん自身はファイティングポーズをとったんだと思うんですよね。松本さんという人は、要するに自分の考えで多分、僕もまあ付き合い長いっていうか、別に共演NGではあったけど…(笑)

田中裕二:あったんかい!

よく知ってますから、そういう意味では。よくではないかもしれないけど。あの松本さんという人は多分自分の考えでやってきた人だから、この芸能界をサバイバルしてきて、勝ってきた人だと思うから。それはいろんな人が法的にこうだよとか忠告するかもしれないけど、それは松本さんが自分がやり方を、多分自分で考えたやり方で正解だと思うのよね。それは僕は心配していないんだけれども。

むしろ今ちょっと心配なのは、あそこに出てくる他の芸人たちが、今どうしていいんだかわからない状態に追い込まれてるんじゃないかと思う。これをやったら松本さんに迷惑がかかるみたいなことが、今もなお考えてるんだとしたら、それは今その局面じゃないよ。それはもう大げさに言うと、生きるか死ぬかだよ、お前ら、と。自分を守るのは自分しかいないわけだから、やっぱりそれは、そこを考えるんじゃなくて、自分がどうしたいかはやっぱり自分で決めるべきだと思うし。この証言をしちゃったらもしかしたら迷惑がかかるみたいなことを考えてるんだとしたら、それはそこは考えるべきではなくて、自分のことだけを考えるべきだと思うし。

よく自助・共助・公助って言うじゃないですか。それは災害のときの鉄則なんだけど、やっぱり自分が助けてほしい、自分が助かりたいと意思表示しないと、まわりが助けようと思っている、いくら思ってても、助けられないからね。だからそのへんは、あそこに出ている他の芸人たちも、松本さんは大丈夫ですよ、自分で戦うんだから。でも、彼らが今までの流れからすると、松本さんに不利になるんじゃないかみたいなことも考えるかもしれないけど、今は自分を守ることを考えてほしいなと思う。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 太田光、松本人志からの被害訴えた人へ「自分を責める必要はまったくない」 松本への思いも含めて5分間熱弁【ほぼ全文掲載】
  2. 2. 太田光、松本人志騒動へ思い熱弁 報じられた芸人たちへ「大げさに言うと、生きるか死ぬかだよ」【ほぼ全文掲載】

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索