• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

フジ新春恒例『BABA抜き最弱王決定戦』参加者決定 相葉雅紀“部長”ほかスター俳優からトップアスリートまで参戦

 5人組グループ・相葉雅紀がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『木7◎×部』新春SP(来年1月3日 後6:00)内で放送されるBABA抜き最弱王決定戦」の参加者が発表された。同局の1月3日を11年間支えてきた国民的企画が復活し、あの、綾野剛、中島健人(Sexy Zone)、長谷川京子、松岡昌宏(TOKIO)、向井康二(Snow Man)、芳根京子、東京五輪で大活躍のアスリート夫婦・楢崎智亜(※崎=たつさき)、野口啓代も参戦する。

『新春◎×部』BABA抜き最弱王決定戦に出演する(上段左から)相葉雅紀、あの、綾野剛、えなりかずき、大谷亮平、桐谷健太、設楽統 中段左から)瀬戸康史、田中みな実、中島健人、長濱ねる、楢崎智亜、野口啓代、バカリズム 下段左から)長谷川京子、福田麻貴、松岡昌宏、松下奈緒、向井康二、森田哲矢、芳根京子 (C)フジテレビ

『新春◎×部』BABA抜き最弱王決定戦に出演する(上段左から)相葉雅紀、あの、綾野剛、えなりかずき、大谷亮平、桐谷健太、設楽統 中段左から)瀬戸康史、田中みな実、中島健人、長濱ねる、楢崎智亜、野口啓代、バカリズム 下段左から)長谷川京子、福田麻貴、松岡昌宏、松下奈緒、向井康二、森田哲矢、芳根京子 (C)フジテレビ

写真ページを見る

 「BABA抜き最弱王決定戦」は相葉が部長となり立ち上げた「BABA抜き部」を母体に各分野で活躍する著名人たちが集結し、“最弱王”という不名誉な称号から逃れるため、し烈な心理戦を繰り広げる。

 参戦メンバーは、MCの相葉、スタジオレギュラーのえなりかずきの他、あの、綾野、大谷亮平、桐谷健太、設楽統(バナナマン)、瀬戸康史、田中みな実、中島、長濱ねる、楢崎&野口、バカリズム、長谷川、福田麻貴(3時のヒロイン)、松岡、松下奈緒、向井、森田哲矢(さらば青春の光)、芳根の総勢21人が集結する。

 中でも注目は、東京2020オリンピックでの大活躍も記憶に新しいスポーツクライマー・楢崎&野口夫妻。常に“勝ち”にこだわり続けてきたトップアスリート夫婦が電撃参戦し、勝負の行方をかき回す。「日本クライミング界の女王」と呼ばれ、東京2020オリンピックでの銅メダルをはじめとする数々のタイトルを獲得してきた野口だが、「(最弱王という)このタイトルはいらない!」と一蹴。BABA抜きのフィールドでどんな戦い方を見せるのか、注目だ。

 また、来年1月スタートの各ドラマからは、火ドラ★イレブン『リビングの松永さん』主演の中島と共演の向井、『婚活1000本ノック』主演の福田、『院内警察』主演の桐谷、共演の瀬戸と長濱が登場。ドラマ放送を直前に控える彼らは幸先のいいスタートを切れるのか。前回、不名誉な“最弱王”の称号を手にしてしまったバカリズムも汚名返上で再登場。毎回予想だにしない珍プレーが続出するBABAだが、今回もミラクルが連発する。

 なお“最弱王”となってしまったプレーヤーには、『木7◎×部』の“◎”部分に顔をはめて写真撮影し、その特大パネルをフジテレビ本社1階・シアターモール内に大々的に飾られてしまうという罰ゲームが待っている。新春早々、絶対に負けられない熱戦を繰り広げる。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索