• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

再発防止特別チーム、ジャニーズ事務所の社員による性加害も確認 調査報告書を公表

 ジャニー喜多川氏の性加害問題をめぐり、ジャニーズ事務所が設置した「外部専門家による再発防止特別チーム」が29日、調査報告書を公表した。同報告書ではジャニー氏の性加害を認めたほか、同事務所の「社員による性加害があることが確認された」と指摘。同日に会見を開いた特別チームの林眞琴氏は、社員による性加害の認定について「(関係者の)ヒアリングを通じて確定した」と説明した。

ジャニーズ事務所(C)ORICON NewS inc.

ジャニーズ事務所(C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 同調査は今年5月26日から8月29日まで行われ、被害者及びジャニーズ事務所関係者など41人のヒアリングしたほか、関係資料を精査するなどした。

 同チームの調査の結果、「ジャニー氏は、古くは1950年代に性加害を行って以降、ジャニーズ事務所においては1970年代前半から2010年代半ばまでの間、多数のジャニーズJr.に対し、長期間にわたって広範に性加害を繰り返していた事実が認められた」と指摘。またジャニーズ事務所に対し「これまで、ジャニー氏の性加害に関する週刊文春の特集とそれに関する裁判、暴露本の出版、BBCからの取材要請等があったが、ジャニー氏の性加害の事実を調査するなどの適切な対応をしなかったことが認められた」と記した。

 また「ジャニーズ事務所のマネージャーがジャニーズJr.に対して性加害を行っていたという報道があったが、特別チームの調査でも、ジャニー氏以外にも、ジャニーズ事務所の社員による性加害があることが確認された」とした。

 再発防止策として「ジャニーズ事務所は、組織としてジャニー氏の性加害が事実であることを認め、被害者に真摯に謝罪し、すみやかに被害者と対話を開始してその救済に乗り出すべきである」とし、ガバナンスを強化するため代表取締役社長・藤島ジュリーK.氏の辞任などを訴えた。

 同チームは検事総長経験者、精神科医、性暴力などの被害者支を実践している臨床心理の研究者から構成し、同事務所とは一切関わりを持たず第三者委員会としての機能を有している。ジャニー喜多川氏からの性被害を申告する人たちに寄り添い、同事務所の過去の対応上の問題点を調査・検証し、ガバナンス上の問題に関する再発防止策を提言、実行を求める役割を担っている。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. ジャニーズ事務所の再発防止特別チームが調査報告書公表 ジャニー氏は「長期間にわたって広範に性加害を繰り返していた」
  2. 2. ジャニーズ事務所の再発防止特別チーム、藤島ジュリー景子氏「代表取締役社長を辞任すべきと考える」 “解体的な出直し”求める
  3. 3. ジャニーズ事務所の再発防止特別チーム「マスメディアの沈黙」指摘「報道機関として極めて不自然な対応をしてきた」
  4. 4. 再発防止特別チーム、ジャニーズ事務所の社員による性加害も確認 調査報告書を公表
  5. 5. ジャニーズ事務所の再発防止特別チームが「被害者救済委員会」を設置「時効成立も救済の対象」

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索