アニメ&ゲーム カテゴリ
ORICON NEWS

『ジョジョ』舞台化で期待の声続々 第1部ミュージカルで再現し「舞台映えする」「親和性高そう」 キャスト予想も

 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(作者:荒木飛呂彦)シリーズが、世界で初めて舞台化されることが決定した。第1部『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の世界をミュージカルで表現し、ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』として東京・帝国劇場で2024年2月に上演する。キャスト情報などは後日発表されるが、ネット上では早くもキャスト予想や舞台公演に期待する声があがっている。

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』コミックス第1巻 (C)荒木飛呂彦/集英社

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』コミックス第1巻 (C)荒木飛呂彦/集英社

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 今回の舞台化は、『ジョジョ』シリーズの全ての始まりとなる「第1部 ファントムブラッド」をベースにミュージカルとして上演。19世紀末のイギリスを舞台に、主人公ジョナサン・ジョースターと運命的な出会いを果たすディオ・ブランドーを中心に、<謎の石仮面>をめぐる熱き戦いと奇妙な因縁を描いた壮大な物語を、グランド・ミュージカルで表現する。

 『ジョジョ』×帝国劇場というビッグプロジェクトの実現にあたり、スタッフは演劇界が注目する気鋭のクリエイター陣が集結。演出は、独自の身体表現を駆使したパフォーマンスや演出で注目され、2015年に荒木飛呂彦原作の唯一の舞台化『死刑執行中脱獄進行中』で演出・構成・振付を手掛けた実績のある長谷川寧氏が担当。

 音楽は、ロックを軸に革新的な楽曲を多く生み出してきたフランスを代表するミュージカル作曲家であり、『1789 -バスティーユの恋人たち-』をメガヒットに導き、帝国劇場11月公演の『LUPIN〜カリオストロ伯爵夫人の謎〜』の上演も控えるドーヴ・アチア氏、脚本は、大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』(集英社)の舞台化の初演から演出を担い、大ヒットシリーズへと育て上げた手腕を発揮する元吉庸泰氏が務める。

ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』のビジュアル

ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』のビジュアル

写真ページを見る

 今回の舞台化にネット上では早くも「ジョジョ第一部ならスタンドとか出てこないから舞台化しやすいかも」「ジョジョめちゃ舞台映えしそう」「ジョジョ一部は舞台映えする」「ジョジョが舞台化〜!!しかも、帝劇でミュージカル!!気になる〜」「前々から、ジョジョ舞台化するなら宝塚で1部が観たいと妄想してましたが、帝国劇場の方で来た!」「ジョジョの舞台、観てみたい…ミュージカルと親和性高そう」などと期待の声が。

 また、キャスト情報は未発表だが、「ジョナサンとディオ、誰がやるの!?」「キャストかなり重要!めっちゃ楽しみ」「ミュージカル『北斗の拳』でケンシロウ演じてた大貫勇輔さん出演しそう」などキャスト予想する声も出ており、ツイッターでは「ファントムブラッド」「ミュージカル化」「ジョジョミュ」など関連ワードがトレンド入りし話題となっている。

 1987年より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載が始まった荒木氏の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』は、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーという2人の少年の出会いから始まるジョースター家の血縁と因縁を描いた大河作品。第1部から第9部まで部ごとに主人公が代替わりしていくという、独特の手法で描かれている。

 コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上で、印象的なポージング、斬新な擬音、特徴的なセリフまわしと、そのオリジナリティ溢れる世界観は世界中で支持を集めており、ゲーム化、テレビアニメ化、実写映画&ドラマ化もされる人気作品に。現在、漫画の第9部『The JOJOLands』が『ウルトラジャンプ』で連載されている。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 『ジョジョ』世界初の舞台化決定、帝国劇場で来年2月上演 第1部をミュージカルで表現
  2. 2. 『ジョジョ』舞台化で期待の声続々 第1部ミュージカルで再現し「舞台映えする」「親和性高そう」 キャスト予想も

関連写真

  • 漫画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』コミックス第1巻 (C)荒木飛呂彦/集英社
  • ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』のビジュアル

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索