• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

“包丁王子”相葉雅紀が1年ぶりに復活 市川猿之助&ジェシーをお寿司でおもてなし

 人気グループ・相葉雅紀が日本についてのさまざまなことを学んでいく9日放送のテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)では、ゲストに歌舞伎俳優の市川猿之助とSixTONESのジェシーが登場する。今回は、「包丁王子! 春の相模湾を握る!」と題し、神奈川・三浦市に出向き、相葉、小峠英二バイきんぐ)、岡部大ハナコ)のマナブメンバーと一緒に釣りへ。あの“包丁王子”が約1年ぶりに復活する。

9日放送『相葉マナブ』は、SixTONES・ジェシー&市川猿之助を迎えて釣りへ (C)テレビ朝日

9日放送『相葉マナブ』は、SixTONES・ジェシー&市川猿之助を迎えて釣りへ (C)テレビ朝日

写真ページを見る

 猿之助とジェシーといえば、昨年放送されたドラマ『最初はパー』(テレビ朝日系)で、漫才コンビ役として共演。以来、実はプライベートでも大の仲良しに。さっそく5人は船に乗り込み、網で張られたイカダの中に魚が放流されている、相模湾の海上釣り堀へ。今の時期は、マダイ、ブリ、ワラサ、マハタ、シマアジ、クロソイ、そして10キロ以上の大ブリと、多種多様な魚が狙えるそう。

 釣りに関して、猿之助は「巡業に行った時などは、開演前に釣りに行く」ほどの手練れで、ジェシーも「子供の頃に父親とよく行っていました。イワシを300〜400匹釣ったことも」と語るほどの猛者。一方のマナブメンバーは、なんと、岡部は海釣りが初めてとのこと。もちろん、お目当ては10キロ超えの大物だが5人の釣果やいかに。そして釣りの最中、相葉とジェシーが一触即発の事態に。

 釣りの後は“包丁王子”こと相葉が、新鮮な魚をさばいて、猿之助とジェシーを握り寿司でおもてなし。約1年ぶりの「寿司処 相葉亭」が開店する。ブランクをまったく感じさせない相葉の包丁さばきに、猿之助も「なかなかこんなに綺麗にさばけないよ」と感嘆の声を上げる。

 調理中のトークでは、ドラマ『最初はパー』共演時の話に。なんと、劇中で披露した漫才のネタ合わせを驚くべき場所でやっていたそうで…。また、ジェシーによる、初対面の時の猿之助のイメージや、相葉とジェシーの連絡事情、実は仲良しだというジェシーと小峠の秘話なども語られ、ジェシーと小峠はボケ&ツッコミの息の合った様も披露する。

 やがて、相葉の握ったお寿司の実食では「相葉さんの握る寿司は色気がある」(猿之助)、「バランスがすごく良いです!」(ジェシー)と絶賛の嵐が巻き起こる。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索