アニメ&ゲーム カテゴリ

B'z、歴代No.1アーティストまでの軌跡!

 
 音楽シーンで前人未踏の数々の記録を生み出し、歴代でもっともCDを売ったアーティスト、B'z。そんな彼らがNo.1アーティストの座に上り詰めるまでの軌跡を探る!

 20歳の頃からプロのギタリストとして、多くのセッションやライブツアーに参加していた松本孝弘と、横浜国立大学出身で数学教師の資格を持つ稲葉浩志とがB'zとしてシングル「だからその手を離して」、アルバムB'z『B'z』でデビューしたのは1988年9月21日。松本はこの年の5月、ソロアルバム『Thousand Wave』もリリースしている。

 オリコンチャート上での画期となったのは、1989年10月にリリースしたミニアルバム『BAD COMMUNICATION』だ。同作は初登場こそ15位だったものの、じわじわと息の長いセールスを示し、その後1993年にかけ、実に163週にわたってTOP100入りするというロングセラーになっている。
 その間、1990年2月リリースの3rdアルバム『BREAK THROUGH』、1990年5月リリースの4thシングル「BE THERE」、1990年6月リリースのミニアルバム『WICKED BEAT』はいずれもチャート最高3位を記録。そして、カメリアダイアモンドのイメージソングとして『WICKED BEAT』と同じく1990年6月にリリースされた5thシングル「太陽のKomachi Angel」で、初の首位を獲得した。続いて1990年11月にリリースした4thアルバム『RISKY』では、初のアルバムチャート首位を獲得している。

 異例のロングヒットを記録していた『BAD COMMUNICATION』は、1991年1月28日付で同作の最高12位を記録し、50万枚を突破。さらに1993年3月9日付でミリオンセールスを達成している。

 以降の快進撃は周知の通りで、オリコン歴代チャート記録(データ一覧)のうち「アーティスト・トータル・セールス/シングル、アルバム」、「No.1獲得作品数」、「ミリオンセラー獲得数/シングル、アルバム」で1位を獲得。デビューから18年の間で、歴代チャート主要5部門12タイトルのうち実に3部門計5タイトルでNo.1(ランキングデータ)の座に輝いているのだ。これまでのシングルの総売上枚数は3321万枚、アルバムは4145万枚。

 先日のオリコン40周年表彰式では、前人未到の記録について「その都度、自分たちがよかれと思う音楽を作ってきました。それがたくさんの方に聴いていただけた証だと思います。心から感謝します。これからも初心を忘れずに新しい音楽を作っていきます」(松本孝弘)、「思わぬプレゼントをいただいた感じで喜んでいます。スタッフ、ファンの皆がいて作れた記録であり、その皆に感謝します」(稲葉浩志)とコメント。
 客観的なデータとしてそれらの数字を評価し、そこに存在するファンへの感謝を表しながら、守るべき自らのスタンスを冷静に見据える彼らのミュージシャンシップがうかがえる。

B'z 首位獲得 3部門計5タイトルのランキングデータ
オリコン歴代チャート記録データ
最新のランキングニュース一覧へ




 最新のCDチャートをチェック!
┣週間  :シングルアルバム洋楽アルバムインディーズシングルインディーズアルバム
┗デイリー:シングルアルバム

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社企画ST部までお願いいたします。


★この記事に関するトラックバックを受け付け中です★
TrackbackURL:http://tb.oricon.co.jp/trackback/news/ranking/22742/
オリコンブログの利用者様のみとなります。その他のブログからは利用出来ませんのでご了承下さい。
オリコンブログへの登録はこちら



タグ

オリコントピックス