アニメ&ゲーム カテゴリ
ORICON NEWS

『H×H』作者・冨樫氏、久々にツイッター更新で原稿の進捗状況報告「机での作業時間が少しずつ増えて」 掲載形態は決まらず

 人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)の作者・冨樫義博氏が9日、2022年11月22日以来、約3ヶ月ぶりに自身のツイッターを更新し、原稿の進捗状況を伝えた。

『H×H』冨樫義博氏が原稿の進捗状況を報告

『H×H』冨樫義博氏が原稿の進捗状況を報告

写真ページを見る

 同作は、2022年12月26日発売号の『週刊少年ジャンプ』にて掲載された第400話を最後に週刊連載が終了。第400話が掲載された2022年12月26日発売号の『週刊少年ジャンプ』では、編集部より「『HUNTER×HUNTER』No.401以降の掲載につきまして、冨樫先生の体調などを鑑み、先生と編集部とで相談をした結果、今後は週刊連載ではない掲載形態で皆様にお届けすることになりました」と説明。

 続けて「冨樫先生は以降の物語の執筆を続けておりますし、編集部も引き続き『HUNTER×HUNTER』の完結まで、先生のサポートを継続していきます」とし、「具体的な掲載時期・掲載方法につきましては、今後の週刊少年ジャンプ本誌にてお知らせします。今後とも『HUNTER×HUNTER』をどうぞよろしくお願いします」と伝えており、今後の掲載形態について注目が集まっている。

 そんな中で更新されたツイッターでは「No.401完成。制作体制は固まっていませんが、机での作業時間が少しずつ増えて来ただけでも嬉しい」と報告。今後の掲載形態については、まだ決まっていないと伝えた。

 なお、前回ツイッターが更新されたのは、2022年11月22日で、その際は「No400…完成。半デジタル化での作業細分化は作画外に費やす時間が多すぎて
完全に失敗でした。模索中」と打ち明けていた。

 1998年に連載がスタートした同作は、主人公の少年ゴンが、親友キルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在、未開の大陸への渡航を目指す船の中で、クラピカや幻影旅団のメンバーなど各キャラクターたちの思惑がぶつかり合う「暗黒大陸編」(王位継承編)が描かれており、2022年10月24日に3年11ヶ月ぶりに第391話から連載をスタートさせていた。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 『H×H』作者・冨樫氏、久々にツイッター更新で原稿の進捗状況報告「机での作業時間が少しずつ増えて」 掲載形態は決まらず
  2. 2. 『H×H』作者・冨樫義博、7ヶ月ぶりにSNS更新 原稿公開で「Start over」 投稿10分でトレンド入り
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索