米津玄師、映画『シン・ウルトラマン』主題歌に新曲「M八七」提供 シン・アーティスト写真も公開

 シンガー・ソングライターの米津玄師が、映画『シン・ウルトラマン』(5月13日公開)の主題歌として新曲「M八七」(エム ハチジュウナナ)を書き下ろしたことが発表された。あわせて米津の“シン・アーティスト写真”が公開となり、5月18日にシングルとして発売することも決定した。

映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」を書き下ろした米津玄師シン・アーティスト写真

映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」を書き下ろした米津玄師シン・アーティスト写真

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 「ウルトラマン」は昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するヒーロー。誕生55周年記念作品として、企画・脚本:庵野秀明、監督:樋口真嗣のタッグで実写映画化される『シン・ウルトラマン』では、主人公の“ウルトラマンになる男”神永新二役を斎藤工、相棒役を長澤まさみが演じる。

映画『シン・ウルトラマン』メインカット(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

映画『シン・ウルトラマン』メインカット(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

写真ページを見る

 製作過程の早い段階で主題歌をつけることが決まり、庵野氏、樋口真嗣監督含めた製作陣で検討した結果、「今の音楽業界をあらゆる世代を含めてけん引する存在であり、かつ、その楽曲の持つ世界観に底知れない力のある米津玄師にお願いしたい」と満場一致。米津も『シン・ゴジラ』『エヴァンゲリオン』シリーズなど庵野氏の作り出した作品のファンで、既に発表されていた『シン・ウルトラマン』も一ファンとして期待していたことから、今回のコラボレーションが実現した。

 米津は「主題歌のお話を頂いた瞬間は『何かの間違いでは』と思いました。シン・ゴジラを劇場で何度も見ていた頃や、シン・ウルトラマンが制作発表された頃、まさか自分が関わることになるとは夢にも思っておらず、青天の霹靂の一言に尽きます。超然としたウルトラマンの姿を眺めながら曲を作りました」と打ち明ける。ウルトラマンの故郷・M78星雲を想起させるタイトル「M八七」は、米津のアイデアに庵野氏がリクエストを出してまとまったという。

 映画の製作スタッフは「まず、本作品の主題歌を米津玄師さんに引き受けていただけたことに心からの感謝と喜びを申し上げます。デモでのやりとりを何度かさせていただきましたが、一発目から心を打たれ、その後に関しては楽曲の進化過程を拝見させていただくような、そんなやりとりでした」と回想。

 歌詞に関しても「米津さんによる、映画『シン・ウルトラマン』に対するイメージや解釈を凝縮させ、ぶつけてくださったのだと思っております。映画を見る前と見た後で印象が変わる歌詞であるようにも思いました。ぜひ、楽曲の解禁を楽しみにしていただき、また、このすてきな主題歌も一緒に、映画館でお楽しみいただければと思います」とのコメントを寄せた。

 米津玄師シン・アーティストは水谷太郎氏が撮影、永戸鉄也氏がアートディレクションを担当し、コラージュビジュアルを制作。「M八七」を表題曲とするニューシングルは、5月18日に「ウルトラ盤」「映像盤」「通常盤」の3形態でリリースされる。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 米津玄師、映画『シン・ウルトラマン』主題歌に新曲「M八七」提供 シン・アーティスト写真も公開
  2. 2. 米津玄師『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」解禁 映画最新特報で
  3. 3. 米津玄師がウルトラマンを描き下ろし 『シン・ウルトラマン』主題歌ジャケット&特別映像公開

関連写真

  • 映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」を書き下ろした米津玄師シン・アーティスト写真
  • 映画『シン・ウルトラマン』メインカット(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ
  • 映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」を書き下ろした米津玄師シン・アーティスト写真
  • 映画『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」を書き下ろした米津玄師シン・アーティスト写真

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索