アニメ&ゲーム カテゴリ

『炎炎ノ消防隊』完結、連載6年半に幕 マガジン作家が色紙で祝福…最終巻5月発売

 人気漫画『炎炎ノ消防隊』(作者:大久保篤)が、22日発売の連載誌『週刊少年マガジン』(講談社)13号で最終回を迎えた。2015年9月の連載スタートから約6年半の歴史に幕を下ろした。同号では表紙&巻頭カラーを飾り、マガジン連載作家からの完結を祝う色紙が掲載されている。

『炎炎ノ消防隊』最終話が掲載された『週刊少年マガジン』13号の表紙

『炎炎ノ消防隊』最終話が掲載された『週刊少年マガジン』13号の表紙

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 同作は「太陽暦佰九拾八年・東京」という架空の世界が舞台で、人が突如燃え出し炎の怪物となって破壊の限りを尽くす“人体発火現象”の脅威に立ち向かうため、主人公・森羅日下部が所属する組織「特殊消防」の隊員たちが、現象の謎の解明と怪物から人類を救う姿を描いたダークバトルファンタジー。

 コミックスは累計1750万部を突破、テレビアニメ第1期が2019年7月〜12月、第2期が2020年7月〜12月にかけて放送、舞台化もされた人気作品となっている。

『週刊少年マガジン』13号に掲載された『炎炎ノ消防隊』完結記念色紙=和久井健氏(東京卍リベンジャーズ)

『週刊少年マガジン』13号に掲載された『炎炎ノ消防隊』完結記念色紙=和久井健氏(東京卍リベンジャーズ)

写真ページを見る

 作者の大久保氏は巻末コメントにて「なんとか『ガチアクタ』が始まるまで載ってれた。後は裏那ちゃんにバトンタッチします!ありがとうございました。さようならー」と読者に感謝。

 『ガチアクタ』は先週同誌にて連載がスタートした漫画で、作者の裏那圭氏は大久保氏の元アシスタント。同じく巻末コメントでは「中学のころから尊敬していた大久保先生の作品がまた終わりを迎え、その記念すべき号に一緒に載ることになるのは感激です。お疲れ様でした」と伝えている。

完結記念色紙=森川ジョージ先生(はじめの一歩)、荒川弘先生(アルスラーン戦記)

完結記念色紙=森川ジョージ先生(はじめの一歩)、荒川弘先生(アルスラーン戦記)

写真ページを見る

 また、同号に掲載された完結記念色紙は、森川ジョージ氏(『はじめの一歩』)、荒川弘氏(『アルスラーン戦記』)、和久井健氏(『東京卍リベンジャーズ』)などマガジン連載作家陣が、『炎炎ノ消防隊』のキャラを描きながら「お疲れ様でした!!」などコメント付きで完結を祝福。

 さらに4大企画として「マガジン連載作家陣からの記念色紙大公開」「大久保篤先生の夢を叶えてみた」「連載完結記念公式グッズ発売決定」「応募者全員サービス「特殊消防隊隊員証」が発表&実施されている。コミックス最終巻(34巻)は5月発売予定。

 作者・大久保篤氏は、2001年に『一善の骨』でデビュー。初連載作である『ソウルイーター』は「月刊少年ガンガン」2004年6月号(スクウェア・エニックス)より約9年にわたり連載され大ヒット。2015年、「週刊少年マガジン」(講談社)にて『炎炎ノ消防隊』の連載をスタートさせ、現在まで一貫してファンタジー作品を手がけている。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 漫画『炎炎ノ消防隊』完結記念 『はじめの一歩』『東京卍』…マガジン作家が色紙で祝福
  2. 2. 『炎炎ノ消防隊』完結、連載6年半に幕 マガジン作家が色紙で祝福…最終巻5月発売

関連写真

  • 『炎炎ノ消防隊』最終話が掲載された『週刊少年マガジン』13号の表紙
  • 『週刊少年マガジン』13号に掲載された『炎炎ノ消防隊』完結記念色紙=和久井健氏(東京卍リベンジャーズ)
  • 完結記念色紙=森川ジョージ先生(はじめの一歩)、荒川弘先生(アルスラーン戦記)
  • 『炎炎ノ消防隊』完結

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索