• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 特撮
  • 森日菜美、『ゼンカイジャー』で成長できたこと フリント“変身”裏話も 駒木根葵汰&増子敦貴&世古口凌に感謝
ORICON NEWS

森日菜美、『ゼンカイジャー』で成長できたこと フリント“変身”裏話も 駒木根葵汰&増子敦貴&世古口凌に感謝

 スーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)に、フリント・ゴールドツイカー役で出演している女優の森日菜美(20)が24日に1st写真集『もりだくさん。』を発売する。「東宝芸能創立50周年記念」オーディションで選ばれた森は、上白石萌音、上白石萌歌、浜辺美波らの次を担う有望若手女優。本作は素の表情から“フリント”の写真まで、まさしく“もりだくさん”な1冊となっており、ORICON NEWSでは、森にインタビューを実施。写真集の見どころから、間もなく最終回を迎える『ゼンカイジャー』への思いも聞いた。

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


■1st写真集を発売「フリントの写真も入っています!」 タイトルの意味も明かす

――1st写真集『もりだくさん。』は、南国・雪国・テーマパークの3部構成となっています。それぞれの見どころを教えてください。

構成の段階から携わらせていただきました。第1章の南国・沖縄編は、1人旅をテーマに撮影していただきました。注目してほしいポイントは、今の素の森日菜美に近い表情が、1番出ているような気がします。常に明るい元気なキャラクターなので、20歳ならではの表情が垣間見えると思います。小さいころから水泳を習っていまして、「海と森日菜美」という写真も多いので、それも見てほしいです。

第2章は雪国です。スキー場に行ったのは4〜5年ぶり。中学生の学校行事以来でした。もう、最初ははしゃいで、はしゃいで仕方がなかったです(笑)。スキー場でのスキーウェアを着た写真は、素の森日菜美に近くて、宿でしっとりした彼女感ある写真も撮りました。今より2〜3歳上のお姉さんをイメージしたショットもあります。そこは楽しみにしていただけたら、と。

もう1つあります! これが私は1番、楽しみにしていただきたい部分です。なんと、フリントの衣裳をまとった写真がこの写真集には入っております! この1年間、フリントで私を知ってくれた方が、たくさんいらっしゃる。森日菜美ではなく、フリント・ゴールドツイカーが現実世界で、かわいくクレープを食べているショットや、「一緒にメリーゴーラウンドを乗ったら、こんな感じだろうな」と連想させてくれるような写真もあります!

――タイトルの『もりだくさん。』の意味は?

私が考えました。日ごろからよくSNSで「もりだくさんに楽しみにしてください」と、発信していることを「いいね」とおっしゃってくださる方が多くて。なので、写真集のタイトルは『もりだくさん』がいいと漠然と頭の中にありました。最後の『。』の意味は、1つの節目。『ゼンカイジャー』も終わりますし、森日菜美も20歳ということで1つ幕を閉じます。新しい森日菜美になる、という意味での『。』です!

――来週『ゼンカイジャー』は最終回を迎えます。

最後は普段は撮らない予告用の映像でクランクアップだったんです。『この後すぐ!』という放送直前につくパートですね。そこはフリントでいなきゃいけないんですけど、スタッフさんたちも勢ぞろいしているのを見て泣いてしまいまして…。収録された映像を見たら、こぼれそうな涙を抑えていて。みんなはキャラクターなのに、私だけ森日菜美じゃん、みたいな。大丈夫かな?と思っていたんですけど、アフレコで映像を見た声優さんたちからも「泣いてた!」とひと笑い起きていたそうなので、笑顔になってもらえたのであればよかったなと思います。クランクアップは本当に寂しかったです。でもほんとに私だけ泣いていたんですよね(笑)。

終わってみて『ゼンカイジャー』に携わらせていただいた1年間は、森日菜美が1番、知れ渡った1年間だと思います。毎回、毎回、SNSの反響やコメントがあって、実りある1年になりました。皆さんのおかげだと思います。でも、『ゼンカイジャー』は未だに終わらないんじゃないかなと思うぐらい愛が深いです。最終回に向けて「寂しい」「悲しい」という気持ちはあると思うんですけど、そんな気持ちを取っ払って『ゼンカイジャー』らしく笑顔で終わることができると思います。楽しいなと思ってもらえたら、うれしいです。

■思い出の放送回は? フリント“変身”シーンの裏話も

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』イベント限定版表紙カバー(撮影 中山雅文) (C)2021 テレビ朝日・東映 AG ・東映

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』イベント限定版表紙カバー(撮影 中山雅文) (C)2021 テレビ朝日・東映 AG ・東映

写真ページを見る

――思い出に残る放送回は?

1番、反響の大きかった入れ替わり回ですね(第32カイ「怒るサカサマ!まさかサルかい?」)。ついに変身したというのもあって、私の中で印象深いです。アニキの変身ダンスを踊るのも苦労しました。

それ以外で言うと、クランクインした直後の11カイのオニゴッコワルドの回(「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」)です。田崎竜太監督(※崎はたつざき)に芝居論、女優論を教えていただきました。それまでは『ゼンカイジャー』での自分の立ち振る舞い方や、1年間どうやって頑張っていこうか悩んでいた時期でもありましたので、その言葉に救われました。いつも元気でおちゃらけている部分が多いですが、気持ちを表すシーンは悩みました。

――田崎監督からは、どんな言葉が。

女優人生にあたっての言葉もいただきました。「飾らず、そのままの素でいいんだよ」ともおっしゃっていただいて、そこから殻を破れました。私がすべてを出し切ったら怒られるんじゃないかと思っていたんです。それが開放された気分になりました。

――入れ替わり回での変身ダンスも話題になりました。

初めてリアルタイムで見ながら、つぶやきました。反響も大きくて、皆さんに届いたのかな、と感じました。「フリントちゃん、おめでとう」という声も、たくさんいただけて、うれしかったですね。

――変身ダンス中の「変身かなった 私の体」という歌もありました。

アドリブです! フリントのアドリブ集を作ったら、めちゃくちゃ面白いと思うんですよ! この回だけでなく、アニキの後ろで入れている合いの手って私のアドリブなんです。しかも、監督のみなさんからも「ひなみん、やっちゃって!」みたいな感じで言われます(笑)。「任せてください!」と、テストの段階から自由にお芝居したら「はい、OK」と。でも、テストと本番で違うことをするんです…。

現場を笑わせようと思って、あるとき、テストと本番で違うことをやってみたんです。そうしたら、以降はいつも違うことをやらないといけない雰囲気になって。毎回、考えるのが大変です(笑)。メンワルドの回(第41カイ「推しメン沼はつるつる深い!」)は、自分としては最高傑作だと思うものができたので、テストと本番で同じことをしたんです。そうしたら、周りが「あれ?」という雰囲気になりまして。本来は、テストと本番で同じことをやるのが普通なのに(笑)! そんなこともありましたね。

■キャスト陣へ感謝の思いも 女優としての目標も語る

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.

森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

――1年を通じて、キャストの皆さんとの関係に変化はありましたか?

座長のきいちゃんこと駒木根葵汰くん(五色田介人/ゼンカイザー)は私がクランクインした時から1番、現場を和ませてくれる天才でした。座長としていつでも引っ張ってくださいました。スタッフさんとの関わり方や立ち居振る舞いも本当にリスペクトしています。それは1年間、変わらなかったですね。きいちゃんが『ゼンカイジャー』を作ってくれたので、私たちも楽しめたと思います。

兄役のあっちゃんこと増子敦貴くん(ゾックス・ゴールドツイカー/ツーカイザー)は最初、めちゃくちゃ人見知りで(笑)。それが今となっては、常にふざけ合えるぐらいの仲になりました! Gロッソでのヒーローショーでは、2人で歌を作っちゃうぐらいです。最後のあいさつで兄妹のやり取りを楽しみにしてもらえていると思って、裏でいろいろと打ち合わせをしています。SNSで「あの歌をCD化してほしい!」という声もあって、私たちの歌が届いて、うれしかったです(笑)。兄というか、幼なじみというか年上ですが、気を使わずにいれる存在だと思います。

ステイシー役の世古口凌くんは、最初は、どういう人か掴めなかったんです。私がこれまで出会ったことのない、新しいタイプの発想をくれる人だなと分かってきました。イジってもらえることが、逆にうれしいです。

凌くんが1番、年上なんです。でも、『ゼンカイジャー』だと、精神年齢はきいちゃんが1番上で、私、あっちゃん、凌くんが同じぐらいです。うまい具合に4人の四角形ができているなって思います。いわゆるスーパー戦隊の5人のメンバーという形ではないので、常に撮影が一緒というわけではなかった。それでも今、和気あいあいと4人で仲良くできているのがうれしいです。

――『ゼンカイジャー』も終わり、女優・森日菜美として新たなスタートを切ります。やってみたい役はありますか?

フリントは私に近いキャラクターだった。それは、存分に知れ渡ったかなと思うので、ここからは全然、違った役にも挑戦したいです。ミステリアスな役や、ちょっと大人な役、難しい医療モノなど。でも、今しかできない学生役にも挑戦したいです。子どもたちに知ってもらえたので、次は朝ドラのヒロインなんかも…(笑)。老若男女に知っていただける女優さんになりたいです。いい意味で敷居が低い、親近感のある、誰にも愛される女優さんになれるように、これからも『もりだくさん。』に頑張っていきます!

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 森日菜美、1st写真集『もりだくさん。』表紙解禁 イベント限定表紙は『ゼンカイジャー』フリントの劇中衣装
  2. 2. 森日菜美、『ゼンカイジャー』で成長できたこと フリント“変身”裏話も 駒木根葵汰&増子敦貴&世古口凌に感謝

関連写真

  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.
  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.
  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』イベント限定版表紙カバー(撮影 中山雅文) (C)2021 テレビ朝日・東映 AG ・東映
  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』通常版表紙カバー(撮影 中山雅文)
  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.
  • 森日菜美1st写真集『もりだくさん。』を発売した森日菜美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索