アニメ&ゲーム カテゴリ

完結から12年、漫画『惑星のさみだれ』今夏TVアニメ化 作者「原作の最後までやります」

 『ヤングキングアワーズ』で2010年に完結した漫画『惑星のさみだれ』が、12年の時を経て2022年夏にテレビアニメ化されることが24日、発表された。監督は中西伸彰氏、シリーズ構成は水上悟志氏、百瀬祐一郎氏が担当する。また、キャスト、キービジュアルやプロモーション映像公開など今後の情報は追って発表される。

漫画『惑星のさみだれ』テレビアニメ化決定

漫画『惑星のさみだれ』テレビアニメ化決定

写真ページを見る

 原作者の水上悟志氏は「漫画家生活20周年の折りに、水上の出世作である『惑星のさみだれ』のアニメ化の発表をさせていただけて大変うれしく思っています。完結から12年も経っているので、ファンの方もさぞや驚かれたことでしょう。水上も構成に関わって原作の最後までやりますので、楽しみにお待ちください」と喜び。

 「スタッフの皆さんも腕のいい方々ががんばってくださっているのできっと良い作品になると思います。さみだれを読んだことがある人も読んだことない人もぜひ観てください。読んだことない方はついでに原作も買ってくださるとうれしいです。皆様、よろしくお願いします」と呼びかけた。

■あらすじ
ごく普通の平凡大学生だった雨宮夕日は、ある日現れた喋るトカゲに「地球の危機」を救う協力を依頼される。拒否する間もなく獣の騎士団の一員となった夕日は、指輪の力で超能力・掌握領域が与えられるが、早くも敵に襲われてしまう。絶体絶命のその時、夕日を救ったのはなんとお隣に住む少女・さみだれだった。救世主の降臨と思いきや、実はさみだれは地球征服を企む魔王だった…。そのでたらめな強さと魔王的魅力に惹かれた夕日は彼女の下僕となり、彼女が望む別の思惑に加担する事になる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索