松山千春、1年半ぶりツアーに幕「みんなの前で歌えることは楽しいし幸せなこと」

1年半ぶり全国ツアーを北海道で締めくくった松山千春

1年半ぶり全国ツアーを北海道で締めくくった松山千春

写真ページを見る

 キャリア45年目のフォークシンガー・松山千春(65)の全国ツアー『松山千春コンサート・ツアー2021春』のファイナル公演が30日、北海道・札幌のカナモトホール(札幌市民ホール)で行われた。4月29日の千葉・市原市市民会館を皮切りに全国12都市を回る途中では、緊急事態宣言の発令に伴って東京、大阪、福岡公演が中止となっただけに「コロナ禍で影響もあったが来てくれたファンに感謝したい」と伝えた。

【写真】その他の写真を見る


 松山は毎年1年に2回、春と秋に全国ツアーを開催してきたが、2020年はコロナ禍で、初めて春と秋の両ツアーを中止。1年半ぶりのツアーを前に、今年1月16日には、母・ミヨさん(享年99)を亡くした。「あと2ヶ月。100歳になったら盛大にお祝いしてやりたかったのに…」と悔やみ、そのショックを胸に秘めての全国ツアーとなった。

 ファイナル公演は「旅立ち」で幕を開け「恋」と続き、昨春発売された「ヤーヤーヤーヤーヤー」などを熱唱。会場のファンも久しぶりに生で聴く松山の歌声に酔いしれた。アンコールでは「北海道が、日本が、世界が、平和で穏やかになり、みんなが豊かな人生を送ってもらえるように祈っています」と語り、「長い夜」「大空と大地の中で」などを歌い上げた。

 松山は「各地の会場によって50%、65%と客席の使用率は違っていた。それでも仙台や福島などは100%での開催することができた。そう言った中で東京と大阪公演などが中止になってしまったことが残念だった」と振り返る。

 そしてファイナルの札幌公演の入場率は65%。松山は「満席にはできなくとも、全国を旅して無事に札幌に帰って来ることができたのはよかった。どんな規制があっても、時間を制約されても、みんなの前で歌えることは楽しいし、幸せなことだと改めて実感した」と感慨深げに語っていた。

関連写真

  • 1年半ぶり全国ツアーを北海道で締めくくった松山千春
  • 「長い夜」「大空と大地の中で」などを歌い上げた

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索