• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • CM
  • 木村拓哉、背中を押して欲しい時は「しょっちゅう」 リポビタンブランド新キャラクターに起用

木村拓哉、背中を押して欲しい時は「しょっちゅう」 リポビタンブランド新キャラクターに起用

 歌手で俳優の木村拓哉が、大正製薬『リポビタンD』『リポビタンDX』などリポビタンブランドの新CMキャラクターに起用された。7月4日から放送開始される新テレビCM『一歩を、一緒に。みんな強くない』篇、『一歩を、一緒に。悩んで強くなる』篇に出演する。

 新テレビCMでは、蒼味を帯びた薄明の空を背景に、木村が時代と共に変わりつつある“頑張ることへの価値観”と向き合い、「頑張ること」に悩んだり、立ち止まったりしている人に語りかけながら、木村自身も新たな一歩を踏み出す。力強い応援メッセージに背中を押されるような内容になっている。

 薄明の時間帯、刻々と変化する美しい空の色を背景とする同CMの撮影では、監督から「太陽との位置関係が大事なので、リハーサルで演技をかためて、“陽を待つ”ということになります」と説明を受け、早速カメラテストやリハーサルに合流する木村。その来るべき“タイミング”に備えて、位置取りやタイミングなど、撮影スタッフと共に入念な準備に取りかかる。そのチャンスは“3回”。木村は「日差しとの戦いだな」と空を見上げさらに集中力を高めていく。

 「(太陽が)出たら一連で行こう!」「もうちょっと! 出る瞬間まで待とう!」「これで(雲の合間から太陽が)出る! 準備しよう!」とスタッフの間にも次第に緊張感が高まっていき、そしてついに監督から「よし! 行くよ! ハイッ、本番!」の号令がかかる。

 3回のタイミングでは、テレビCM特有の、コンマ何秒単位でセリフと演技の時間が指定されているなかでの撮影に臨んだ木村。監督の「カット!」の声に「今日は太陽と秒数(との勝負)でしたね」と振り返る。「(撮影された映像を確認し)全てOKです!」と監督から告げられると、撮影現場は大きな拍手に包まれていた。

 自身は誰かに“背中を押してほしい”と思う瞬間はあるかとの質問に、木村は「しょっちゅうです」と回答。その理由について「新しい作品に参加する時など、何か一つ、自分が一歩踏み出す時ってそれ相応の“覚悟”が必要なので、その都度背中を押していただけたらなっていう思いにはなりますね」と語る。

 同時に、「参加させていただく現場は、自分一人で行うものではないですし、共演者の方だったり、スタッフの方だったり、みなさんがいてくれて現場が成り立っているので、結果的には、現場にいてくださるみなさんに、背中を押していただいているなと、いつも思います」と周囲への感謝も表していた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索