• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

加藤シゲアキ、吉川英治文学新人賞に喜び「やっぱりうれしい」

 『第42回 吉川英治文学新人賞』が2日、発表され、小説『オルタネート』(新潮社)の著者で人気グループ・NEWS加藤シゲアキ(33)と、小説『愛されなくても別に』(講談社)の武田綾乃(28)が受賞。加藤は同日、都内のホテルで会見を行った。

【写真】その他の写真を見る


 同賞は2020年1月1日から12月31日までに、新聞、雑誌、単行本等で優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈呈される賞で、過去には和田竜『村上海賊の娘』(第35回)、辻村深月『ツナグ』(第32回)、柳広司『ジョーカー・ゲーム』(第30回) 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(第28回)など、数々の話題作が受賞している。選考委員は、伊集院静大沢在昌恩田陸京極夏彦重松清

 この日、午後3時から約2時間の会議を経て、受賞者が決定。選考委員の重松は「『オルタネート』は青春小説。ある選考委員の言葉をお借りると『書かずにはいられないものを一番感じた』『青春のモヤモヤしたものをよく書けている』と。群像劇ですけど、一人ひとりがしっかりと描かれている」と説明。加えて「連載をされていたバージョンから読んでいる選考委員の意見として『連載から、さらによくなっている』と。書き終えて、ラストシーンに行ったから本にします、というのではなく、しっかりと自己検証しながら、推敲して、よりよい作品になっている。そういう意味での伸びしろも高く評価されました」と審査内容を明かしていた。

 会見で加藤は「今の気持ちを言うと、率直に驚いています」と心境を明かしながら「やっぱりうれしいよなと思っています」と笑顔を見せた。選考委員の伊集院静からは「こういう時はとにかく喜べ」と助言を受けたそうで、加藤は「今は頑張って喜ぼうと思っています」とはにかんだ。

 10年前に文学賞を取らずに作家デビュー。そのことが心のなかにトゲとして残っていた。「ジャニーズ事務所のタレントという立場。『小説を書いた』という話題で書かせていただいたのかなと思っております。光栄なことだったのですが、ある種のコンプレックスみたいなところがあって」と明かす。「僕は横配置みたいな感覚があって、それでいて文芸界が温かく歓迎してくださったということに感謝していた。今回、賞をいただいたことで少しは恩返しできたかな」と胸中を吐露。続けて「ここがスタートだと思っております」とかぶとの緒を締めた。

 また、処女作『ピンクとグレー』は2012年に出版しているが、「執筆時は、ちょうど10年前でした。2月の半ばから3月の末に書き上げたのが初稿。忘れもしない、その間に震災がありました。自分としても強烈な時間でした」を回想。「振り返れば長い作家生活と思うんですが、10年間、止めずに続けてきたのが今に結びついている。そう思うと、10年前の自分を少しほめてあげたいなと思います」と受賞への思いを口にしていた。

 加藤は、NEWSのメンバーとして活動しながら、2012年に『ピンクとグレー』(角川書店)で作家デビュー。以降、4作を発表し、話題を集める。『オルタネート』は、昨年12月18日に第164回直木賞へのノミネートが発表されると、あらゆるメディアからの取材が殺到し、今年1月5日には累計発行部数10万部(5刷)を記録。1月21日には『本屋大賞』に初ノミネートされるという朗報も飛び込み、快挙が続いたことを受け、出版元の新潮社はさらなる重版を決定。現在までに累計13万部(6刷)を記録し、ジャニーズ出身アーティストとして初の快挙が続いている。

関連写真

  • 『第42回 吉川英治文学新人賞』を受賞した加藤シゲアキ (C)ORICON NewS inc.
  • 『吉川英治文学賞』記者会見に出席した(左から)今村翔吾氏、村山由佳氏、武田綾乃氏、加藤シゲアキ(C)ORICON NewS inc.
  • 『オルタネート』加藤シゲアキ(著)新潮社
  • 『第42回 吉川英治文学新人賞』を受賞した加藤シゲアキ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 吉川英治文学新人賞』を受賞した武田綾乃氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 吉川英治文学新人賞』を受賞した武田綾乃氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第6回吉川英治文庫賞』を受賞した今村翔吾氏(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索