アニメ&ゲーム カテゴリ

『鬼滅の刃』描き下ろし新作漫画3本掲載へ 炭治郎たちのその後など…ファンブックに収録

 昨年5月に完結した大人気漫画『鬼滅の刃』のファンブック第2弾『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』(4日発売)の収録内容が発表された。鬼殺隊の剣士や共に闘った仲間、鬼たちに関する情報を一挙収録する。初めて明らかになる新事実のほか、『煉獄零巻』掲載の特別読切など単行本未収録だった作品、炭治郎たちのその後や鬼たちの「あの時」のことなどを描いた描き下ろし新作漫画3本(計29ページ)などを読むことができる。

【写真】その他の写真を見る


 描き下ろし漫画は、炭治郎たちの“その後”を描いた漫画「炭治郎の近況報告書」、鬼たちの“あの時”について知ることができる漫画「突撃!! 地獄の鬼取材〜三途の川を越えて〜」、『鬼滅の刃』連載の裏側を描いた実録漫画「鬼滅の土台」の3本、計29ページ収録する。

 単行本未収録漫画は、「煉獄零話」(『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典小冊子「煉獄零巻」に収録)、「年始番外編」(週刊少年ジャンプ2020年6・7合併号掲載)、「年末番外編」(週刊少年ジャンプ2019年4・5合併号掲載)、「密着! “キメツ学園”に通う炭治郎の1日」(ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3掲載)の計26ページ掲載する。

 そのほか、大正コソコソ噂話、柱同士それぞれの印象&諸々番付、鬼のお蔵出しプロフィール、付録として「炭治郎の耳飾り風しおり」と炭治郎ら鬼殺隊陣営と鬼舞辻無惨が誰なのかを探し出すカードゲーム「惡鬼滅殺セヨ! 鬼滅ノ問答ゲヱム」用の札全10枚が収録される。

 2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた『鬼滅の刃』は、コミックス累計1億2000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つため旅に出るストーリー。2019年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話から話がつながる劇場版が現在公開中で、興行収入365億円を突破する大ヒットとなっている。

関連写真

  • 2月4日に発売される『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』 (C)吾峠呼世晴/集英社
  • 原画展「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」のティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社
  • 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集ー幾星霜ー」(C)吾峠呼世晴/集英社
  • 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集ー幾星霜ー」帯(C)吾峠呼世晴/集英社
  • 「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集ー幾星霜ー」帯(C)吾峠呼世晴/集英社
  • 「惡鬼滅殺セヨ! 鬼滅ノ問答ゲヱム」用の札 (C)吾峠呼世晴/集英社
  • 「惡鬼滅殺セヨ! 鬼滅ノ問答ゲヱム」用の札(C)吾峠呼世晴/集英社

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索