坂本龍一、がん再発を公表 昨年に直腸がん見つかり手術「現在は治療に励んでいます」

 音楽家の坂本龍一(69)が21日、昨年に直腸がんが見つかったことを所属レーベルを通じ公表した。手術は成功し、現在順調に治療をしているという。坂本は2014年に中咽頭がんを患ったが、治療のすえに寛解している。

 コメントを寄せた坂本は「2014年に罹患した中咽頭がんは6年を経て寛解し安堵していましたが、残念ながら、新たに直腸がんがみつかりました。大いに落胆しましたが、すばらしい先生方との出会いもあり、無事手術を終えて現在は治療に励んでいます」と現状について報告。

 「未曾有のパンデミック下で医療機関、医療従事者、関係者のみなさまのご苦労が多いなか、真勢に患者と向きあう姿勢にはただただ頭が下がるばかりです。心より感謝を申しあげます」と述べた。

 今後の活動についても「このような事情のうえコロナ禍もあり、長距離の移動がともなう仕事は困難になりますが、治療を受けながら出来る範囲で仕事を続けていくつもりです」と意欲を示し、「とはいえ、場合によってはキャンセルさせていただく必要があるかもしれません。現在抱えている仕事、ブロジェクトに関わるみなさまには多大なご迷惑をお掛けすることを深謝いたします」と伝えている。

 最後は「これからは「がんと生きる」ことになります。もう少しだけ音楽を作りたいと思っていますので、みなさまに見守っていただけたら幸いです」と結んだ。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索