• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『天てれ』子どもたちそっくりの“3Dスキャンアバター”と生放送

『天てれ』子どもたちそっくりの“3Dスキャンアバター”と生放送

 4月からNHK・Eテレで放送中の子ども向け教育番組『天才てれびくんhello,』(月〜水 後6:20〜6:45、木 後6:20〜6:54)が、9月からパワーアップ。毎週木曜日の生放送ゲームバトルに、9月3日の放送から新技術「3Dスキャン」を使った演出を取り入れることになった。

【写真】その他の写真を見る


 木曜日のゲームバトルの舞台は、ちょっと先の未来。子どもたちだけが入れる仮想空間“電空”に突然出現した「電空アリーナ」の中で、てれび戦士同士がオリジナルゲームバトルを繰り広げている。テレビの前の子どもたちも、リモコンを使って、データ放送を通して番組に生参加し、毎回大きな盛り上がりを見せている。

 9月3日の「電空コロシアムで一緒にバトル!」では、子どもたちそっくりの「3Dアバター」を番組内に登場させる、というこれまでにない映像演出で生放送を敢行。今回使用する3Dスキャン装置は、スキャン時間0.5秒、アバターまでの出力が20秒で完結する優れもので、一度に大量のCGアバターを作成することが可能となっている。

 3Dアバターがセット縦横無尽に走り回ったり、番組エンディングテーマ曲「ハローハロー」に合わせてキレキレのダンスを披露したり。リアルで出演するのは、支配人役(コーナーMC)の向井慧パンサー)、バトルの主宰者役は中国出身で歌手やモデルとして活躍するロン・モンロウチャンカワイ、てれび戦士ほか。ナレーションの木村昴は、ラップでもバトルを盛り上げる。

 なお、3Dスキャン演出の生放送は隔週木曜放送予定(次回は9月17日)。

関連写真

  • 実物のてれび戦士(中央)以外は「3Dスキャンアバター」=Eテレ『天才てれびくんhello,』「電空コロシアムで一緒にバトル!」9月3日生放送 (C)NHK
  • スキャン時間0.5秒、アバターまでの出力が20秒で完結する最新型の3Dスキャン装置を使用(C)NHK
  • エンディングテーマ曲「ハローハロー」の視聴者ダンス投稿も大人気=Eテレ『天才てれびくんhello,』(C)NHK
  • 支配人役(コーナーMC)の向井慧(パンサー)=Eテレ『天才てれびくんhello,』
  • バトルの主宰者役のロン・モンロウ=Eテレ『天才てれびくんhello,』
  • 番組でおなじみチャンカワイ=Eテレ『天才てれびくんhello,』
  • ナレーションの木村昴は、ラップでもバトルを盛り上げる=Eテレ『天才てれびくんhello,』

オリコントピックス

 を検索