• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • エイベックス・松浦勝人氏、CEO退任へ 制作に専念すると表明「後進の育成にも励んでいきたい」

エイベックス・松浦勝人氏、CEO退任へ 制作に専念すると表明「後進の育成にも励んでいきたい」

 エイベックスの松浦勝人会長(55)が15日、自身のツイッターを更新。6月に開催予定の株主総会でCEO(最高経営責任者)を退任するにあたり、その真意と今後について語った。

 同社は14日、6月26日に開催する予定の株主総会における役員人事について、松浦会長を「代表取締役会長CEO」から「代表取締役会長」となる予定であると公表している。

 松浦会長は「avex CEO退任の真意と僕のこれから」と題し、「先日発表があった通り、僕としては晴れて、最高経営責任者(CEO)から離れ、念願であったクリエイティブに専念することにした」と報告。

 社長業を始めてからの約16年を振り返り、「今思えば、いい経験ではあるけれど、その間は自分が自分でないようで、とても苦しい日々だった」と本音を吐露。「気がつけば自分が本来得意としていた音楽制作からは、16年も離れていたわけで、この間にはさまざまなテクノロジーが進化し、音楽の制作手法も個人で作る手法から、Co-Writingというチームで作る手法が増え、まさにゲームチェンジの時を迎えている」と説明した。

 「そんな流れの中で、今年56歳を迎える僕としては、あと10年から15年がクリエイティブに参加出来る限界かなと感じ、その時期を逃さないためには、CEOの職を降り、音楽制作と、それを広めるための新しいテクノロジーの事業に専念するという決意をした」と表明。「そもそも自分のような人間は社長業には向いていないと、ずっと口癖のように言ってきたけど、やはりその気持ちに変化はなく、昔のようにやりたいことや好きなことだけをやっていく人生に戻らせてもらうことにした。あくまでも、自由に、出来る限り制約のない環境の中でクリエイティブを続けていくことにする」と考えを明らかにした。

 また会長職として残ることについても触れ、「僕の性格上、中途半端は嫌いなので、当初は代表権も返上し、制作一筋の道を考えたけれど、ファウンダーでもある僕だから、今しばらく代表取締役でいて欲しいという仲間の希望もあって、会長職には当分の間は残ることにしたけど、経営権は全面的に社長である黒岩に託す」としている。

 今後は「ここ最近エイベックスが忘れがちだったかもしれない、誰も体験したことのないありえない感動を届け、常にユーザーに寄り添った作品やサービスを作っていきたい」とし、「わかりやすく言えば、現在放映中のドラマ『M愛すべき人がいて』の頃の自分に戻るといえば理解してもらえるかな」と語った。

 最後に「人間としてはまだまだ未熟だけど、反省すべきところは反省しながら、『仕事が遊びで遊びが仕事』という自分の精神も大切にし、そんな僕だからこそ出来たこのエイベックスの遺伝子を次の世代に残し、後進の育成にも励んでいきたい」と結んでいる。
タグ

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索