アニメ&ゲーム カテゴリ

橋爪淳、『ウルトラマンZ』出演「半世紀かけて『夢』が実現した」

 俳優の橋爪淳が、テレビ東京系で放送予定のウルトラマンTVシリーズ24作目(※)『ウルトラマンZ』(6月20日スタート、毎週土曜 前9:00)に出演することが発表された。

 新シリーズに登場する最新ヒーローは「ウルトラマンゼット」。登場10周年を迎えた「ウルトラマンゼロ」の弟子で、ゼロに憧れ、努力を重ねて遂に「宇宙警備隊」の一員となったヒーロー。師匠であるゼロから譲り受けた熱いハートで常に前を向き突き進んでいくウルトラマン。

 地球では、怪獣が巻き起こす災害に立ち向かうために組織された、地球防衛軍日本支部のロボット部隊「ストレイジ」に所属する主人公、ナツカワ ハルキ(平野宏周)が「ウルトラマンゼット」に変身する。ゼットとハルキ、共に成長していく姿を描く。

 橋爪が演じるのは、ストレイジ整備班リーダー・イナバ コジロー。新人パイロットであるハルキがともに戦うセブンガーをはじめとするロボットの整備を担当する。昭和の雰囲気を漂わせた、昔気質で寡黙な男だが「バコさん」の愛称で親しまれ、整備班員たちの信頼も厚い。時おり意外な特技を見せ、その過去は謎に包まれている。

 「マネージャーさんに聞いた時、本当にひっくり返りそうでした。ベーターカプセルを握りしめウルトラマンを『夢』みてた子ども時代。その憧れのウルトラマンに出られるなんて! 半世紀かけてその『夢』が実現したんです」と、喜びの声を伝えた橋爪。「ウルトラマンはいつも私に勇気をくれました。『大丈夫!君なら出来る』と背中を押してくれました。ほかにも『仲間との絆』『命の大切さ』『時間の有限性』等々どんな時代になっても子ども達に『夢』や『希望』、そして『勇気』をもって生きてもらいたい! そんな切なる願いを込めて、バコさんを熱く演じます。スタッフ、キャスト一丸となって『夢』を実現すべく日々闘ってますので楽しみにしてて下さい!」と、呼びかけている。

(※)1966年以降、新登場のウルトラヒーローを擁して国内で連続テレビ放送された、5分以内の短編シリーズを除くドラマ作品群

関連写真

  • テレビ東京系『ウルトラマンZ』(6月20日スタート)整備班のリーダー、イナバ コジロー役で橋爪淳が出演(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
  • テレビ東京系『ウルトラマンZ』(6月20日スタート)キービジュアル(C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索