• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 俳優・声優の約7割、新たな仕事依頼「まったくない」 4月の収入50%以下が5割超

俳優・声優の約7割、新たな仕事依頼「まったくない」 4月の収入50%以下が5割超

 日本俳優連合(西田敏行理事長)が、新型コロナウイルス感染拡大を受け、俳優・声優へ現在の仕事状況や収入に関する実態調査アンケートを公開した。

 「俳優・声優の新型コロナウイルス感染症に係る公的支援の手続きに関する実態調査アンケート」と題して、4月14日から19日までのアンケートで得た1020人の回答を公開。4月の収入については「無収入」が27.6%、「50%以下」が34.4%、「75%くらい」が9.3%、「変わらない」が8%、「わからない」が20.9%と、半数以上、収入が減っていた。

 映画の公開延期やアニメの放送延期など、俳優&声優が活躍する場に影響が出ているが、4月に入って先々の新しい仕事依頼については「まったくない」が69.1%、「減っている」が29.1%、「増えている」が1.9%と、今後の見通しが立たない状況であることがわかった。

 フリーランスの俳優や声優も対象にした「公的支援」(融資・貸付・給付)について、手続きを自分でできる自信があるかの質問には「自信がない」が77・5%だった。新型コロナウイルスの影響で仕事がキャンセルになったことを「証明できるものはありますか?」に「契約書や覚書、通知書など、キャンセルがわかる書類がある」がわずか4.3%で、「メールなど電子記録がある」が48%、「電話、口頭のみで何もない」38.7%と証明しにくい実態があることが判明した。

 また、支援について国に求めることは「どうかこの国から文化の火が消えないよう、終息後にはみんなが、不安無く様々な文化を楽しみ、心を豊かにできるように、文化団体鑑賞団体施設、そこで働く全ての人に支援をお願いします」「収入が減ったことを証明する書類、というものが俳優声優には用意しづらい。こういうものでもOKという具体的な例が欲しい」「テレワークの準備費用を融資して欲しい。例えば、家の中に簡易ブースと通信用パソコンを準備する費用などです」などの声が。

 そのほか「収入が減ったことを証明するのが難しい。月では比べられないし、この先(8月など)も仕事が無くなっていってるので不安は続く」や「国はこれまでアニメを『クールジャパン』の代表としてアピールしてきました。その担い手である声優の仕事環境は『密室』『密接』『密集』の『三つの密』そのものです。そのためクライアントも事務所も自粛し、仕事はゼロの状態です。今後もアニメを日本を代表する文化であり、商品としてアピールするためには、ぜひ私たちの生活を補償していただきたい」「私達声優は、その月の仕事のギャランティが数ヶ月後(正確には決まっていない)に入ってくることを認識していただきたいです。ギャランティの明細よりも、その月の仕事の本数を昨年と比べていただき、補助をしてくれると有難いと思います」と意見が出ていた。
タグ

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索