• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • まんじゅう大帝国『花形演芸大賞』銀賞に選出

まんじゅう大帝国『花形演芸大賞』銀賞に選出

 お笑いコンビのまんじゅう大帝国が26日、国立演芸場『令和元年度 花形演芸大賞』の銀賞に選出された。

 国立演芸場では4月から翌年3月まで、毎月1回「花形演芸会」を主催。同演芸会には、原則として入門20年以内の若手演芸家が出演でき、4月から3月までの1年間の出演者の中から審査委員による厳正な選考を経て、優秀者に年度の「大賞」、「金賞」、「銀賞」を贈呈する。

 年間の出演者はレギュラーの出演者(令和元年度は14組)と、レギュラー以外の出演者に大別され、レギュラーの出演者は1年間に2回出演することが可能。レギュラーの中からは「大賞」と「金賞」が選定され、レギュラー以外の出演者から「銀賞」が選定される。「銀賞」を受賞した出演者は、翌年度からレギュラー出演者となることができ、レギュラーの在籍期間は10年間となっている。

 過去の主なレギュラー出演者は、柳亭市馬、橘家圓太郎、柳家花緑国本武春春風亭昇太爆笑問題立川談春柳家喬太郎、三遊亭遊雀、柳家三三桃月庵白酒、春風亭一之輔ら。まんじゅうの事務所の先輩にあたる爆笑は1997年に銀賞に選出され、その後、複数回受賞している(98年金賞、2000年審査員特別賞、01年特別大賞を受賞)。

 令和元年度の花形演芸大賞にはそのほか、古今亭文菊(落語)、金賞に菊地まどか(浪曲)、入船亭小辰(落語)、古今亭志ん五(落語)、桂佐ん吉(上方落語)、銀賞に桂小すみ(音曲)、笑福亭喬介(上方落語)、瀧川鯉八(落語)が選出された。

■過去の主な受賞者(直近10年間の大賞・金賞受賞者)
平成21年度 大賞:柳家三三、金賞:桃月庵白酒、U字工事
平成22年度 大賞:桃月庵白酒、金賞:三遊亭兼好、古今亭菊之丞、林家二楽
平成23年度 大賞:春風亭一之輔、金賞:三遊亭兼好、柳亭左龍、菊地まどか
平成24年度 大賞:春風亭一之輔、金賞:桂吉弥、柳亭左龍、翁家和助
平成25年度 大賞:桂吉弥、金賞:春風亭一之輔、ポカスカジャン、U字工事
平成26年度 大賞:ポカスカジャン、金賞:三遊亭歌奴、三遊亭萬橘、U字工事
平成27年度 大賞:蜃気楼龍玉、特別賞:神田阿久鯉、金賞:三遊亭萬橘、笑福亭たま、ロケット団
平成28年度 大賞:該当者なし、金賞:笑福亭たま、三遊亭萬橘、蜃気楼龍玉、柳家小せん
平成29年度 大賞:笑福亭たま、金賞:江戸家小猫、三遊亭萬橘、ストレート松浦、菊地まどか
平成30年度 大賞:江戸家小猫、金賞:神田松之丞、桂吉坊、三笑亭夢丸坂本頼光

オリコントピックス

 を検索