アニメ&ゲーム カテゴリ

Netflix、CLAMPらクリエイター6人とパートナーシップ オリジナル企画・制作へ

 Netflixが25日、都内でアニメコンテンツの拡充に向けた新規施策に関する記者説明会を開催。新たなオリジナル企画・制作における取り組みとして、日本を代表するクリエイター6人(CLAMP樹林伸氏、太田垣康男氏、乙一氏、冲方丁氏、ヤマザキマリ氏)とパートナーシップを結んだと発表した。日本を拠点とするアニメの“クリエイティブ・ホーム”に迎え入れ、日本発のオリジナルアニメを強化し、世界190ヶ国配信していく。各自別タイトルでの参加になる予定で、具体的には現在、CLAMPがキャラクターデザインを20体、樹林氏が脚本などのテキストでアニメ制作に取り組んでいると明かされた。

【写真】その他の写真を見る


 パートナーシップを発表した6人は、漫画家、小説家、映画監督など多様な分野で、世界的なアニメ人気に大きく貢献しているトップランナー。Netflixは、日本をアニメにおけるクリエイティブの拠点として、新たなオリジナルアニメの企画・制作を強化する。

 世界中のアニメファンを満足させるため、クオリティーの高いNetflixオリジナルアニメを手掛けていき、また、ファンが好きな作品の世界観とオフラインでもつながることができるよう、原作に基づく出版やコンシューマー・グッズなど映像化以外の手段もクリエイターとともに検討していく。

 Netflixアニメチーフプロデューサーの櫻井大樹氏は「尊敬してやまないクリエイターの方々に、日本を拠点とするアニメの“クリエイティブ・ホーム”に参加いただけることを誇らしく思います。アニメの世界においてストーリーに国境はありません。日本から世界中のファンに優れた作品をお届けできるよう、クリエイターのみなさんの大胆かつ自由な創造をサポートし、自身最高の作品だと胸を張っていただける作品を制作いただくための環境づくりに注力いたします」と説明した。

 この日は、ゲストとして人気漫画『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』などで知られる女性漫画家集団・CLAMPの大川七瀬氏が登壇し「新しい試みにお声掛けいただけて本当に光栄です。Netflixで作る作品が世界190ヶ国の方々に楽しんでいただける日を、私たちも楽しみにしております」と喜んだ。

 また、『金田一少年の事件簿』原作者の樹林氏は「多くの世界と直接つながれるNetflixの作品に携われるのは、クリエイターとしてとてもエキサイティングです。ワクワクしながら、新しいキャラクターを作り設定を考え、ストーリーを著しています」とコメントした。

■パートナーシップを結ぶ6人の代表作
CLAMP:『カードキャプターさくら』など
樹林伸:『金田一少年の事件簿』『サイコメトラー』など
太田垣康男:『機動戦士ガンダム サンダーボルト』など
乙一:映画『シライサン』など
冲方丁:小説『十二人の死にたい子どもたち』、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』
ヤマザキマリ:『テルマエ・ロマエ』

関連写真

  • Netflix『アニメコンテンツの更なる拡充に向けた新規施策に関する記者説明会』 (C)ORICON NewS inc.
  • Netflixとパートナーシップを結んだクリエイター(左から)CLAMP、樹林伸、太田垣康男、乙一、冲方丁、ヤマザキマリ

オリコントピックス

 を検索