アニメ&ゲーム カテゴリ

押田岳、『ゲイツ、マジェスティ』で1年の感謝を オーラ・紺野彩夏にガチ照れ

 『仮面ライダージオウ』テレビシリーズ最終話のその後の物語を描く、オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』が、Blu-ray&DVDの発売(来年4月22日)に先駆けて2月28日より期間限定で劇場上映される。『ジオウ』に続き、仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツを演じた押田岳(22)にインタビューを行い、主演を務め感じたことを語ってもらった。

【写真】その他の写真を見る


■2号ライダーあるあるトーク 主演の立場で「孤独な戦い」経験

 本作は普通の高校生となったゲイツが、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(奥野壮)、ツクヨミ(大幡しえり)らと共に、再びライダーに変身し新たな歴史を刻んでいく。

――『ゲイツ、マジェスティ』の完成、おめでとうございます。

【押田】『ジオウ』でできたゲイツというキャラクターで主演の作品を作らせていただけて、うれしいです。テレビが終わって、スパッと終わったらさみしいと思っていたんですけど、引き続きできて、テンション上がってます(笑)。

――主役という立場で撮影をしての感想は

【押田】やってみて、18歳で真ん中を張っていた壮ってすごいなと思いました。僕らレギュラーも年上だし、来る先輩も年上で、みんなで戦っていましたが、主演は主演の孤独な戦いがあると今回、分かりました。すごいと思いましたね。でも、こういうことをこなせる役者になりたいなと思うようになりました。

――主演として心掛けたことはありますか?

【押田】1番、最初に自分がやりたいことを提示することですかね。真ん中が提示しないと周りは来ないと考え、そこにプレッシャーを感じすぎずに、しっかり「僕は、こうやります」というのを提示しようと思っていました。

――完成した作品を見ていかがでしたか?

【押田】記憶を取り戻して変身するシーンがあるんです。それまで、へなちょこでやろうと決めて、なるべくダサいところを出して、一気にカッコよく見せようと演じました。そこは予想通りに運べたのかなと思います。

――『ジオウ』にも出演した『仮面ライダーディケイド』(2009年)の仮面ライダーディエンド/海東大樹を演じた戸谷公人のほかにも、『仮面ライダー555』(03年)で仮面ライダーカイザ/草加雅人を演じた村上幸平さん、『仮面ライダーW』(09年)で仮面ライダーアクセル/照井竜を演じた木ノ本嶺浩さん、『仮面ライダーオーズ/OOO』(10年)で仮面ライダーバース/伊達明を演じた岩永洋昭さんが出演することでも話題となりました。現場で話したことは?

【押田】普段の会話という感じです。“2号ライダーあるある”というか(笑)。「どんな感じでしたか?」から始まって「それ、僕もありました」みたいなので盛り上がりました。特にディエンドの戸谷さんとは『ジオウ』と『ディケイド』が似たような作品ということもあって、最終フォームの話で(笑)。「最初に最終フォームを見た時にどうだった」という感じです。

――そんな『ゲイツ、マジェスティ』の印象は?

【押田】正直なところ、最初は驚きました(笑)。でも、(スーツアクターの)縄田さんに入ってもらって、動くとスゴくかっこいい。2号ライダーの力が使えて武器が使える。2号ライダーの武器ってかっこいいのが多いので、いい能力のライダーを作ってもらって、とても満足してます。

■先輩仮面ライダーに感謝 オーラ・紺野彩夏の一言にはガチ照れ

――先輩ライダーから吸収できたことは

【押田】お芝居の仕事に対して熱い方が来てくださいました。現場での振る舞い方から芝居、今、考えていることなど、いろいろお話させていただきました。自分を持たないとダメなんだ、と。まねしたらダメだと感じました。もし、仮面ライダーに戻ってこられるなら現役の子に、そういうことを伝えられたらいいなと思いました。

――事務所の先輩の佐野岳さん、佐藤祐基さんも『ジオウ』に出演しました

【押田】祐基さんには、いつも言われているんですが「特にゲイツをやっているときは、もっと広く視野を持て」と。僕は凝り固まって見て、芝居のプランを作ってきちゃうんです。そうじゃなくて、周りの人がどういう芝居をして、こういうセットがあって、こういう時系列があってというところを広い視野を持って見ないと、と。『ゲイツという役は視野が1番広くないといけないんだ』と言われて考えました。岳さんには、壮が言われたことなんですけど『ウォッチを受け継ぐ。これは1年やってきたものを受け渡すことなんだから、しっかりと意識して受け取らなきゃダメだよ』と。そこまで重くは考えてなかったので、僕が受け取るシーンもあるので、意識しないといけないなと思いました。

――『ゲイツ、マジェスティ』は学園ドラマからスタートします

【押田】驚きましたね(笑)。レジスタンス編とかできると思っていたんです。そっち?みたいな(笑)。それだったらゲイツのことは8割忘れて新しいものを作ろうと思いましたね。

――ゲイツも柔道部の設定です

【押田】全く経験がないので「なんで柔道部?」となりましたけど、衣装を着たときに似合いすぎて「あっ、そりゃそうか」となりました(笑)。なんでかわからないですけど、自分でも思うぐらい似合ってましたね。

――オーラ(紺野彩夏)から好意を寄せられるもゲイツ自身はツクヨミが好きという、まさかの恋愛要素も。

【押田】それも予想してなかったです(笑)。なんならツクヨミはスウォルツとの関係が明かされるまで兄弟だと思ってので。『恋かぁ』と思いましたね。でも、頑張って高校のときの恋愛を思い出して頑張りました。

――オーラからのバレバレのアピールに気付かない振りをしていましたが…

【押田】僕の顔だけのシーンに、お付き合いで芝居をやってもらったんです。そのときに「ね?」と言われるシーンの1発目でニヤけて「かわいい…」って普通に言っちゃっいました(笑)。NGを出してしまった…。キツかったです、かわいいと思わないようにするのが…。だって、かわいいじゃないですか! 僕は、そこに関してうそはつけないです(笑)

■挫折経験は「今です」 ウォズ・渡邊圭祐のスピンオフに期待

――物語はゲイツが挫折から再起を目指します。押田さん自身の挫折経験は?

【押田】今ですかね。この業界に入ってから自分の持ってるものが通用しないと思って。どんどん新しいものを吸収して、どんどん自分で考えて発信しないと生き残っていけないと思いました。後は受験です。勉強してて、どうしても学力が上がらなくて一緒に頑張ってたヤツに敵わないというのを経験しました。如実に正解、不正解があって、点数があるので、そこで1回、『もう、これ以上、伸びないんだな』って思ったことはあります。

――それを乗り越えるためにしたことは

【押田】違う角度で考えるようにしました。大学には何とか入れましたが、自分に色を付けないと、ここからはやっていけないと思いました。それもあって芸能界に入ったんです。『大学には受かったけど、何も持ってない』って思って新しいことを始めようとジュノンボーイに応募させていただきました。今、こうしてお仕事をさせていただいているのは幸せですね。後は自分に自信を持たないと…。ちょっと重たい話になっちゃった(笑)。でも、ホントに常にフレッシュにパッションを持ってやることですね!

――新しく『ジオウ』チームでやりたいこと。『ゲイツ、マジェスティ』を観て、次なるVシネクストを期待するファンもいると思います

【押田】やっぱり、まずはウォズじゃないですか。ウォズのVシネクストができたらいいですね。ただ、彼が主役の作品って、どうやればいいんだろうって思います。最後まで誰だったのかわからないので(笑)。後はタイムジャッカー側ですね。謎解きじゃないですけど、本編の補足になるスピンオフをやりたいですね。

――50年後の世界も観てみたいですね

【押田】それは僕が1番やりたかったです(笑)。でも、それは、またどこかでできたらいいな。龍騎みたいに10年後でもいいですよね。

――最後に『ゲイツ、マジェスティ』の見どころを教えてください

【押田】みんな、いい意味でリラックスしていて、今までのソウゴ、ゲイツ、ウォズ、ツクヨミじゃない新しいことに最後までチャレンジしました。最後だからやっちゃおうというより、萎縮せずにやった方がいろいろアイデアが出ることに気づき始めたので。TVシリーズとはまた違った雰囲気を楽しんでいただければと思います。後は、視聴者の皆さん、キャストとスタッフさんで1年かけて作り上げてきたゲイツというキャラクターが主役で作品ができるのは、皆さんのおかげだと思っています。楽しんで観ていただけたらと思います。

衣装協力/Kazuki Nagayama 津野真吾(impiger)

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』する押田岳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索