• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『FLASH』冠の新感覚グラビア誌 快進撃は“ストーリー性”にあり

『FLASH』冠の新感覚グラビア誌 快進撃は“ストーリー性”にあり

◆「令和のグラビア」最前線レポート Vol.3『Platinum FLASH』
 時代を象徴する美女が誌面を飾り、世間の注目を集める「グラビア」。元号が変わり2020年を迎えた今、そのリアルな現場に迫る連載企画「令和のグラビア最前線レポート」では、グラビア誌の編集部に取材を敢行し、生の声を伝えていく。第3回はグラビアマガジン『Platinum FLASH』。グラビアの新機軸を開拓する同誌の編集方針から、冠を共通させる写真週刊誌『FLASH』や『FLASHスペシャル』との連携などについて、同誌発行人である光文社第二編集局長の青木宏行氏に聞いた。

■撮り下ろしのページ数とクオリティーに絶対の自信 月刊化せず柔軟性&機動力重視

 グラビアの最近の動きとして、『Platinum FLASH(以下プラチナ)』をはじめ各出版社が高品質のグラビアマガジンを次々と発行し、市場をにぎわせている。『プラチナ』の創刊編集長であり、現在は発行人として携わる青木氏は「スマホの小さい画面で写真を見ている反動なのか、大きなサイズの雑誌で自分の好きなアイドルの写真をじっくり見たいという声が多くなっていた」と世間の流れを読み、2年前に“クローズアップ・グラビア誌”をコンセプトにプラチナを創刊した。こだわっているのは、一つのグラビアのページ数だ。

 「プラチナのグラビアは長ければ20ページ、短くても10ページです。一般的なグラビアよりボリュームがあるので、モデルもいろいろな表現ができるし、カメラマンもストーリーを組み立てながらシャッターを切れる。プチ写真集のような撮影になり双方に気合いが入るので、自然といい内容のグラビアになっていきます。この撮り下ろしを1冊で10本は入れて、さらに手触りの良い紙質や保存しやすいデザインなど、いろいろ贅沢にこだわりながら、定価も学生さんが手に取りやすい1000円以下を守っています。増税もあって980円とギリギリまで来ていますが(笑)、クオリティーも値段もすべてに妥協なく取り組んでいます」

 登場する女性タレントの基準は“旬で誰もが見たい人”と単純明快。ここ数号の表紙を坂道グループのアイドルが飾っているが、創刊号は女優・グラドルの小倉優香が表紙を務めており、アイドル・女優・声優と肩書にはとらわれない。「いまは魅力的な女性が本当に多くて、グラビアが10本あっても足りないです(笑)。テレビだけじゃなくAbemaTVや配信サービスも盛んになって、作られるドラマの本数が多くなり若手女優の活躍も増えているので、いい人材がどんどん出てきます。僕も毎日ドラマを2本くらい見ていて、気になった子を取り上げてみようって提案しています」と、青木氏は魅力的な女性タレントの豊作ブームに喜びの声をあげる。

 そのなかでも、表紙タレントの選定には特に頭を悩ませている。「CDリリースや周年イベント、写真集の発売、ファンのニーズなど、常に情報をアップデートしながら誰がベストか考えています。年に5〜6冊ペースなので、今は裏表紙に広告を入れず“W表紙”として1冊で2人の表紙を作っていますが、それでも足りないくらい(笑)」。毎号の反響の高さから『プラチナ』の月刊化を求める声も多数寄せられているが「毎月の発売日を決めると、そこに縛られて“本を発売日に出す”ことが目的になってしまう。それよりも発売日を決めず、よいタイミングで柔軟にやるほうが機動性もあって、ファンの方にも届きやすいはず」と、年6回の不定期刊行ペースを続けていく方針だ。一方、『プラチナ』よりもインタビューや読み物企画が充実している『FLASHスペシャル』もほぼ隔月ペースで刊行しており、「合わせて年に10冊以上は出しているので、月刊誌編集部よりも忙しいかも(笑)」と多忙な日々を送っている。

■これからの時代のカギは「男女両方からの支持」 AKB48グループの潜在能力にも期待

 グラビアを飾る女性タレントの近年の流れをどう捉えているか。「アイドルグループブーム、モグラブームがあって、最近は純粋なグラビアアイドルも増えています。エイベックスは浅川梨奈さんと大原優乃さんが先陣を切って、事務所としてもグラビアチームが出来て、最近も古田愛理さんなどフレッシュな子が次々と出てきました。また、事務所で見ると、やはりゼロイチファミリアも勢いがすごい。昨年9月に一冊まるごとゼロイチとコラボした『プラチナ』を出して大反響でした。川崎あやさんを筆頭にみんなビジュアルのレベルが高く、桃月なしこさんは『bis』モデルになったり女性ファンも増えて、一時期のAKB48系のアイドルと同じ流れを進んでいるように見えます」。

 青木氏は、ゼロイチファミリアの台頭は令和のグラビアの大きなトピックスだと考える。「タレントのラインナップの豊富さはもちろん、それぞれがSNSを活用して情報発信し、メンバー同士の仲が良い。まさに今の時代にマッチした事務所でしょう。川崎あやさんに憧れる子も多くグラビアに積極的で、グラビアの価値を理解しているから、自分が出ていない本でもSNSで告知してくれたり、『自分たちが出ている号は売りたい!』という意識がすごく強いので、編集部にとってもありがたいです」。看板の川崎は今春に引退するが、「逆に次の展開が楽しみ。これからもグラビア界を席巻するでしょう」と期待を寄せる。

 一昔前はファッション誌とグラビア誌には明確な線引があったが、「その壁を小嶋陽菜さんや篠田麻里子さんが破って、新しい道を作ったと思います。その頃からグラビアも女の子に好かれることが大事な要素になりました」と振り返る。最近はガールズバンドやYouTuber、インフルエンサーなどさまざまな肩書の女性がグラビアに挑戦しているが、「これからの時代のカギは、男女両方からの支持でしょう」と見据える。

 新星を待望する一方、AKB48グループのアイドルにも引き続き注目している。「大きなグループアイドルだと、加入して5年も経つけど『プラチナ』が初めてのソログラビアという子も多いです。そういう人は撮影で『カメラから目線を外してもいいんだ』『こんな表情をしてもいいんだ』と新しい発見もあって、一気にポテンシャルを解放して見せたことのない表情になることもある。そういうグラビアもあるのが『プラチナ』の特長です」。王道から新星、意外な発掘などバラエティー豊富な10本のグラビア、そしていずれも大ボリュームでストーリーがあり写真の質も高い。これが『プラチナ』の強さの根源だろう。

■『FLASH』冠の3誌の特性を生かしながら連携 長年の経験で他誌と差をつける

 昨年の発行号で反響の大きかったものを聞いた。「3月に発売した乃木坂46の白石麻衣さんが表紙に出た号は、すごく売れましたね。最近はそんなにグラビアをやっていないというニーズもあって、改めて白石さんのパワーに恐れ入りました。ほかにも、日向坂46齊藤京子が表紙を飾った11月発売号も好評でした。彼女は過去に3度も出てくれて、特に、表紙になったことを本人もすごく喜んで、ブログに“プラチナ愛”を語ってくれたり、ファンも祝福してくれて、すごくいい関係性が作れています」。幅広い女性タレントを起用しているが、やはり現在のグラビアの主流は坂道グループが不動となっている。

 「白石さんや卒業した西野七瀬さん、3期生の山下美月や与田祐希さんはもちろん、4期生もビジュアルのレベルが高く、センターをやった遠藤さくらさんはソロで前号の裏表紙に登場してもらいました。坂道以外だと、NMB48の横野すみれさんがスゴいですね。昨年5月にグラビアデビューすると、圧巻のスタイルで次々とグラビアに登場していますから、今年のグラビアシーンの中心にいくのでは。『プラチナ』のグラビアの反響が大きかったので、『週刊FLASH』の表紙にも推薦しました」

 雑誌を超えて情報を共有し、横断できるのが同社の強みだ。青木氏が2018年2月に第二編集局長に就任して以降、連携をさらに強めている。「原石を見つけたら『FLASH』で第一報的にやって、ページ数のあるグラビアを『プラチナ』でやる。逆に『プラチナ』で最初に撮影して、『FLASH』の表紙に決まったこともあります」。さらに、ストーリーを読ませるなら『FLASHスペシャル』で読み物企画の特集を組む、と3誌の特性を生かしながらファンのニーズに合わせていく編集方針が、好循環を生んでいる。

 競合雑誌へのライバル意識については、「グラビアに出てくる人はかぶることが多いですが、撮り下ろしの数とクオリティーには自信があります。予算と時間と手間をかけて毎号10本の撮り下ろしにこだわっているので、パッケージでは絶対に負けていません」と胸を張る。今後はグラビアマガジンへの新規参入も予想されるが「『FLASH』で長年やってきた経験が蓄積され、進化したのが『プラチナ』です。これだけの質と量、キャスティングはすぐにマネができるものではありません」。青木氏のグラビア界での信頼と実績あってこそ作られる『プラチナ』が、これからもグラビアシーンを盛り上げていきそうだ。

関連写真

  • 光文社のグラビアマガジン『PLATINUM FLASH Vol.11』
  • 光文社のグラビア&特集マガジン『FLASHスペシャル グラビアBEST 2020年新年特大号』
  • 光文社の写真週刊誌『FLASH』 (C)光文社/週刊FLASH

オリコントピックス

 を検索