アニメ&ゲーム カテゴリ

『鬼滅の刃』アニメ経て原作売上6.5倍に大化け 2019年データから見る異例のブーム化

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画『鬼滅の刃』(作者:吾峠呼世晴)。4日発売の新刊18巻にて累計発行部数が2500万部(電子版含む)を突破し、2019年に「Yahoo!」での検索数が前年に比べ最も上昇した人物・作品・製品などを表彰するアワード『Yahoo!検索大賞2019』では、テレビアニメ『鬼滅の刃』がカルチャーカテゴリー・アニメ部門を受賞するなど、名実ともに今年の顔となった作品だ。オリコンの集計データから今年の“鬼滅ブーム”について振り返りたい。

【写真】その他の写真を見る


 2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載中の同作は、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで人生が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリーだ。今年4月から9月までテレビアニメが放送され、来年には続編となる劇場版の公開、舞台公演も控えている。

■どれ程売れたのか? 作品別で年間1位…4月以降の短期間で覇権コンテンツ化

 集英社によると、18年6月にテレビアニメ化されることが発表された際の累計発行部数は11巻までで250万部を超えるほどだったが、アニメ放送の影響で大きく人気に火が付き、テレビアニメ放送終了後の9月29日時点のシリーズ累計発行部数(16巻まで)は全世界1200万部、さらに4日発売の新刊18巻で2500万部を突破するなど2ヶ月弱で2倍以上に跳ね上がる驚異的なペースで売り伸ばしている。

 アニメ化を経てコミックスの部数が伸びることは不思議なことではないが、放送終了後からの短期間で2倍以上になるケースは異例中の異例。新刊18巻の初版発行部数はヒットの指標でもある100万部でのスタート、これは2013年の『黒子のバスケ』『暗殺教室』以来の快挙となった。

 一方、実売数の伸び方もオリコンの集計結果から確認しておきたい。

 まず、シリーズ全巻の累計推定売上部数をアニメ放送前(4/8付、全14巻)とアニメ放送を経た現在(12/23付、全18巻)で比較する。放送前には累計315.3万部程度だったが、約8ヶ月が過ぎた現在は2040.3万部まで伸ばし、売上規模が実に6.5倍も拡大した。既刊18巻すべての売上が100万部を突破しており、いかに原作とアニメの相乗効果で短期間に売り伸ばしてきたかがうかがえる。

 さらに同じ期間で第1巻だけの売れ行きを見てみる。アニメ放送前(4/8付)の26.2万部に対し、最新の累計(12/23付)では123.9万部で約97.7万部の増加。断定はできないが、アニメを経て新たに獲得した読者の規模感として参考になるだろう。

 また、『オリコン年間コミックランキング 2019』の「作品別」集計結果(2018年11月19日〜2019年11月17日)では、期間内売上1205.8万部を記録し、シリーズ初トップ10入りにして初の1位を獲得。作品別の月間コミックランキングでは、4月に初トップ10入りとなる5位にランクインして以降、毎月上位をキープし続け、8月には初の1位となり、10月まで3ヶ月連続で1位を獲得しており、疑いようもなく今年最大のブレイク作品だった。

 最後にアニメのBlu-ray DiscとDVDの売上も確認しておきたい。7月31日発売『鬼滅の刃1(完全生産限定版)』の売上は12/23付の記録で2万2773枚(BD・DVD合算)。ここ数年、配信・ストリーミングの普及や作品数の増加などで、1万枚の大台を突破することがより困難な現状にあって、こちらもヒット作と呼ぶに十分な水準を売り上げた。

■アニメ主題歌担当LiSA紅白初出場 テレビも「社会現象」と紹介

 漫画やアニメだけでなく、盛り上がりは音楽シーンにも影響は及び、テレビアニメ主題歌を務めた歌手のLiSAは、今年の『第70回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15〜11:45 総合ほか)に初出場する。制作統括の加藤英明氏は選考理由について同作のヒットをあげて説明し、その言葉通りアニメ主題歌「紅蓮華」(ぐれんげ)を歌うことが先日発表された。 また、『スッキリ』(日本テレビ)、『情報7days』(TBS)、『Nスタ』(TBS)などテレビ各局の情報番組も『鬼滅の刃』の盛り上がりを相次いで特集で取り上げる流れに。『スッキリ』では人気理由を「CGを駆使した色鮮やかな映像、豪華声優陣を起用」とアニメ人気を伝え、『情報7days』では主人公たちと同じ髪色を希望する人が美容院で増えている現象を取材し、“鬼滅カラー”というワードを出して“爆売れ社会現象”と紹介した。

 芸能界でもファンが多い中で、タレントの椿鬼奴はバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の企画内で「水の呼吸、弐ノ型」と作中のせりふをつぶやき、『スッキリ』では「酒の呼吸の使い手 酒柱 椿鬼奴です」とコスプレ姿で自己紹介するなど、どハマりしていることを明かした。

 来年は年明け1月18日から舞台版上演がスタートし、その後年内には映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開も控える。“鬼滅ブーム”はまだ始まったばかりであり、これらの作品が、そして原作が来年以降どれほどの伝説を残してくれるのか、引き続き注目したい。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 社会現象化している人気漫画『鬼滅の刃』のコミックス (C)ORICON NewS inc.
  • テレビアニメ主題歌を務めた歌手のLiSA
  • 社会現象化している人気漫画『鬼滅の刃』のコミックス (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索