日向坂46、充実の1年を語る さらなる飛躍を約束「来年も成長できるように…」

 アイドルグループ・日向坂46が16日、2019年を彩った“話題の人”に贈られる『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2019』の「アイドル部門」を受賞し、都内で行われた授賞式に代表して齊藤京子佐々木久美高本彩花が出席した。

【写真】この記事の写真を見る(全27枚)


 笑顔でトロフィーを受け取った3人。代表してあいさつした佐々木は「今年はデビューさせていただいた年でもある。そんな年に本当にたくさんのことを日向坂46として経験させていただいき、こんなステキな賞をいただくことができて光栄です」と笑顔。そして「LINE NEWSさんはみんな見ているし、LINE NEWSさんのことがメンバーの話題になったりする」とLINE NEWS愛を熱弁した。

 来年に向けて「今年は日向坂という名前に変わった。たくさんのことを経験させていただけて、その活動を今まで以上にたくさんの方に見ていただけたという実感ができた。来年も成長できるように頑張りたいです」とさらなる飛躍を誓った。

 もともとは、欅坂46の最終オーディションを受けずに加入することになった長濱ねる(今年7月末に卒業)への特例措置として2015年11月に前身の「けやき坂46」(通称ひらがなけやき)が誕生。16年5月から長濱と1期生11人の計12人で活動をスタートさせ、昨年6月けやき坂46名義の1stアルバム『走り出す瞬間』でオリコン週間1位を獲得した。

 そして今年2月11日、満を持して欅坂46から“独立”し「日向坂46」への改名およびシングルデビューを発表。3月27日に1stシングル「キュン」でデビューし、3作連続でオリコン週間シングルランキング1位を獲得。1stシングルから3作連続での初週売上40万枚超えはKAT-TUNに次ぐ史上2組目で、女性アーティストとしては初の記録となった。

■受賞結果は以下の通り。
アイドル部門:日向坂46
芸人部門:夢屋まさる
文化人部門:新海誠
アーティスト部門:Official髭男dism
アスリート部門:ラグビー日本代表
俳優部門:中村倫也
実業家・政治家部門:ROLAND

この記事の画像

ニュース一覧へ戻る

この記事のコメント

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヒットが見える トレンド情報サイト