• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • アンタ柴田、10年ぶりコンビ復活の舞台裏 無告知放送は有田&フジの計らい

アンタ柴田、10年ぶりコンビ復活の舞台裏 無告知放送は有田&フジの計らい

 お笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(44)が、4日放送の文化放送『なな→きゅう』(月〜金 前7:00)に生出演。先月30日放送のフジテレビ系バラエティー番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)で、自身が2010年2月から約1年間にわたって休養に入って以来、およそ10年ぶりに相方・山崎弘也(43)と“コンビ復活”を果たしたことを受けて、舞台裏を明かした。

 今回の復活が無告知で行われた点について「内緒にしようねみたいな。ザワザワなるでしょ。それだったら、どんとやった方がいいっていう、有田(哲平)さんとフジテレビさんの計らいだよね。オレも知らなかったからね、本当に。『演技うまいね』って言われるけど、マジで知らなかったんだから」とぶっちゃけ。「小手(伸也)さんが似すぎていて、まずびっくりしているから。大丈夫かなと思って、油断していたから(山崎が登場したことで)興奮して大きい声出しすぎちゃって」と当時を振り返った。

 漫才前に、山崎に「ありがとうございます!」と言ったことについては「記憶にないけど、本当にありがたいと思ったんじゃないかな。ここを選んでくれたこと。オレに言わないでやろうと思ってくれたこと。本人の方が大変じゃん。オレはずっと出ているけど(山崎は)ここから出てきてやるっていう。あとは、関係各位、ご迷惑をかけた人たちにじゃないかな。だだ『ありがとうございます』って言っても、その後ふざけちゃうんだから」と笑いを交えながら説明。

 山崎と対面した瞬間について「瞬時に気づいたけど、ここで漫才をやってこれから復活していくのかしら、オレたちはって。オレも半信半疑なのよね、4回騙されているから。でも、これが2人での活動をやるきっかけなのか、その判断を事務所と山崎がしたんじゃないか」と率直な胸の内を告白。今回のサプライズは事務所の社長、マネージャー、番組に携わっている数人、有田のみが知っていたと明かし、漫才後に「今後はどうなるんですか?人力舎ー!」と絶叫した理由を「心の叫びだよね。山崎が勝手に出てきた可能性もあるじゃない。1回、人力舎に通さないとダメでしょうっていうことですよ」と明かした。

 多くの喜びの声が寄せられているが「長らくおまたせしましたっていう感じでございますよ。(漫才は)思い出し思い出しですよ。どのネタやるかもしれないし。そもそものベースもほとんどアドリブだから、これっていう答えがないのよ。どういう風にくるのかなっていう」とコメント。「漫才は緊張した。プライベートなトークは全然違うけど、ネタって作品じゃん。緊張度が違うよ。作っている最中を見せています。オレたちはいつも。普段の漫才も作ってはいるけど、変わっちゃうから」と打ち明けた。

 復活後、大きな反響が寄せられているといい「インスタも7万人くらい増えたからね」とうれしい悲鳴。8日放送のフジテレビ系の特番『THE MANZAI2019 マスターズ』(後7:00〜9:54)への出演も決まっているが「新作(漫才)っていうことになっていますけど、予め言っときますけど、頑張ったのは頑張ったけど、一応新作じゃないです。いつものオレたちらしいネタをやっていますので」と明るいトーンで呼びかけていた。

 『脱力』のエンディングでは、まずは山崎に扮した小手伸也が登場。柴田と漫才を披露するも、小手が「ちょっとネタが飛んじゃって」とド忘れして退場すると、その代理として“本物の相方”である山崎が登場した。まさかのサプライズに柴田は「バカだめだって、お前。違うってマジで。いやいや、おいおいおい、ちょっと待てよ」と大興奮。「この番組でやるの?」と戸惑いながらもジャケットを脱ぎ捨てた柴田は、山崎とセンターマイクに並んだ。

 柴田は、次々とボケ倒していく山崎に対して「お前、アドリブが過ぎるな、本当に!」と必死にツッコミながらもうれしそうな笑顔。”全力”で漫才をやり終えると、柴田は「今後はどうなるんですか?人力舎ー!」と絶叫。山崎は「ネタ番組として最高の…」とのらりくらりと語ると、柴田が「いやいや、これはクイズ番組だから」とツッコミを入れるなど、和気あいあいな雰囲気で10年ぶりの共演を終えた。

オリコントピックス

 を検索