• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 森山直太朗『同期のサクラ』撮影現場をサプライズ訪問 生歌唱に“同期”も涙目

森山直太朗『同期のサクラ』撮影現場をサプライズ訪問 生歌唱に“同期”も涙目

 歌手の森山直太朗が、現在放送中の日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜  10:00)第8話の収録現場をサプライズ訪問した。喫茶『リクエスト』のセットに集められた主人公・サクラを演じる高畑充希と同期役の橋本愛新田真剣佑、竜星涼、岡山天音の前に森山が突然、登場。ギターを片手に主題歌「さくら(二〇一九)」を生歌唱しその場は感動ムードで包まれた。

 ニセPR番組のMCとして参加した山本紘之アナウンサーから、主題歌の魅力を聞かれた、高畑は「小さい頃から馴染みのある曲だったので、主題歌に決定したということを聞いたときは、とてもビックリしました。特に2番の歌詞を改めて聞いてみると、まるで書きおろして頂いたと感じるくらい、とてもドラマにフィットしていると思います」と絶賛。新田も「台本を読みながら、どのシーンに主題歌がかかるのか、いつも考えながらセリフを練習しています」と演じる側もこの楽曲への思い入れは強い様子。

 そんななか、姿を表した森山に、あぜんとする5人。山本アナから「生歌、聞きたいですか?」と問いかけると、高畑は「聞きたいですけど、ここは『リクエスト』のセットですよ?本当にここで歌って頂けるんですか?」と確認。そのやり取りを聞いていた森山が「リクエストがあれば!」と喫茶リクエストの店主である老女の決まり文句を引用して、5人から笑いを誘った。

 当初は、1番のみの歌唱予定だったが、森山はフルコーラスでの大サービス。1メートルほどの至近距離で美声を堪能した5人は涙目になり。竜星は、「生歌なんて、本当に聞けないですよね。本当にドラマやっていてよかったです」としみじみ。新田は、「(ロスにいた頃)日本語学校の卒業式で歌わせて頂いた曲だったんですよ。僕自身も凄く想い出のある曲なので、鳥肌が止まらなかったです」と感想を伝えた。

 岡山は、感激のあまり言葉が出ず「本当にいい歌ですね」と言葉少なめにコメント。橋本は、「今、私が演じているのは10年後の32歳の役なんです。新入社員から10年後のシーンなんですが、今の百合が、サクラを想う気持ちを考えながら、この曲を聞かせていただいたので、サクラちゃんを抱きしめたくなりました」と役柄と心情を重ね合わせた。

 みんなの心を救うサクラをここまで演じてきた高畑は「今までは、サクラが“皆の背中を押す立場”だったので、応援する側として、この主題歌を聞いていました。ただ今は、サクラは逆の立場になっていて、皆から応援してもらっている立場なので、その立場として、この曲を聞かせて頂いたら、またとらえ方が少し変わりました。本当に良い曲だなと改めて感じました」と終盤に向けて印象に変化も。

 また、主題歌のオファーを受けた経緯を聞かれた森山は「2番の歌詞が、このドラマのすべてを物語っている。という大平プロデューサーの熱意と野望を受けて、16年前にリリースした楽曲だったんですが、自分自身も足元を見つめ直している時期だったので、思い切ってトライさせて頂きました。景色により奥行きを与えられるように作りました」と楽曲にこめたこだわりを明かした。

オリコントピックス

 を検索