山形県県民会館が57年の歴史に幕 ユニコーンが最後を飾る

昭和37年(1962年)に開館した山形県県民会館(やまぎんホール)が11月30日、57年の歴史に幕を下ろし閉館した。最後のステージは、山形県出身のABEDONをはじめ、メンバーと会館のゆかりが深いユニコーンが飾った。

同会館は1962年7月10日、音楽・舞踏・演劇・映画・大会などを催すことを目的として開館。当時、舞台・照明・音響などそれぞれの技術担当を県...

この記事の画像

  • 57年の歴史に幕…山形県県民会館(やまぎんホール)閉館を彩ったユニコーン
  • 地元出身のABEDONが「それでは、山形県県民会館、終わりでーす!」と締めくくった
  • ユニコーン

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索