• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「新世代くびれの女王」林ゆめ、最強極上ボディを堂々披露

「新世代くびれの女王」林ゆめ、最強極上ボディを堂々披露

 タレントの林ゆめ(24)が、所属するゼロイチファミリアがグラビアジャックした2日発売の『週刊プレイボーイ』50号(集英社)に登場。「新世代くびれの女王」の呼び声高い美女が、抜群のプロポーションと極上ボディを堂々と披露した。

 林は「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー18−19」、「日本レースクイーン大賞 2018」および同賞の「新人部門グランプリ」を獲得するなどレースクイーン界の頂点を極め、わずか1年で引退。現在はバラエティー番組のほか、ファッション・広告出演など多岐にわたって活躍している。

 身長168・バスト84・ウエスト53・ヒップ87センチという抜群のプロポーションとキュートなルックスでグラビアにも進出。今回もボディラインがくっきりと出るセクシー水着をまとい、ため息の出るようなくびれと美しさで魅了した。

 同号にはそのほか、桃月なしこ十味黒木ひかり霜月めあ&藤田いろは、早瀬あや、岸みゆ&竹内星菜&吉沢朱音らゼロイチファミリーが勢ぞろい。表紙を飾ったのは来年3月に芸能界を引退する川崎あや
タグ

オリコントピックス

 を検索