• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 渡邊圭祐、『ジオウ』終了後も時超える? 小関裕太が絶賛「一家に一人、けすけっち」

渡邊圭祐、『ジオウ』終了後も時超える? 小関裕太が絶賛「一家に一人、けすけっち」

 俳優の渡邊圭祐小関裕太甲斐翔真が30日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで開催される写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』の囲み取材に参加。渡邊はうっかり時を越えてしまい、周囲からイジられまくった。

【写真】その他の写真を見る


 アミューズ若手俳優達による恒例のファン感謝祭、通称『ハンサム』が今年で15周年を迎えることを記念してのイベント。渡邊は「すごいこと。僕は新人として出させていただくんですけど、こういうことを催せてしまうぐらい大きな物に自分も一角を担わせてもらうのは貴重なこと。光栄ですし、楽しんでいけたら」と笑顔。歌については「歌もダンスも人前で見せられるようなものではない…。1年間、『やれませんよ』と言い続けた前フリが効いたのかな?」と自虐しながらも「15周年、いろんな思いで紡がれた『ハンサム』。先輩たちから感じたものを自分の中で昇華して、来てくれた全ての方に僕を通じて伝えられればいいな」と思いを口にした。

 また、誰が一番ハンサムなのかについてもトーク。小関は「けすけっちかな」と明かし「顔立ちも冷静さも声のよさも。何より話がうまい。けすけっちが一家に一人いるだけで安心できる空間が生まれる。安心感はハンサムの要素だと思っている」と理由を説明。甲斐も「貫禄あるのは圭祐くん。僕らにはまねできない何かを持ってる」と絶賛されると、渡邊は「本番のハードルがどんどん上がっていく…」と大慌てとなっていた。

 来年2月に行われる『15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE』も開催される。来年の目標を問われた渡邊は「2019年は仕事に対する自分のペースがわかってきた。ようやく地に足がついてきた」と話し始めると「来年の2022年は、ここから…」と、まさかの2年後にジャンプ。ウォズ/仮面ライダーウォズ役で出演していた『仮面ライダージオウ』では50年後の世界から来たというキャラクターだったため、周囲から「仮面ライダー、引きずってる」「時空間を超越した」とイジられ、渡邊は大照れだった。

 イベントには松岡広大鈴木仁も参加した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材に参加した渡邊圭祐 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)渡邊圭祐、松岡広大、小関裕太、甲斐翔真、鈴木仁=写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材に参加した松岡広大 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材に参加した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材に参加した甲斐翔真 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真展『15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM』囲み取材に参加した鈴木仁 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索