• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 内田眞由美、20歳で借金5000万円 AKB48卒業後の生活を激白

内田眞由美、20歳で借金5000万円 AKB48卒業後の生活を激白

 元AKB48のメンバーでタレントの内田眞由美(25)が、あす29日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THE フライデー』(後7:00)に出演。AKBではセンターも務めた経験を持つ内田が現在、5000万円の借金を抱えていると告白する。

 「ヘビーローテーション」が大ヒットした2010年、当時16歳だった内田は19枚目となるシングル「チャンスの順番」でセンターを担当。そのことで“ある悲劇”に巻き込まれ、突如、表舞台から姿を消した。それから9年、アイドルを辞めた内田が、5000万円の借金を抱えているといううわさを聞き、番組レギュラーの藤森慎吾が突撃取材を行う。

 07年、13歳の時にAKB48に入ったが、ずっと人気が出ず鳴かず飛ばず状態だったという内田。しかし、10年に武道館で開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』で状況が一変する。当時のAKBグループ全51人が出場したこのじゃんけんトーナメントで見事優勝し、初の選抜入り、そしてメンバーの誰もが憧れるセンターの座を獲得した。

 ところが、このセンターポジションを手にしたことが彼女のアイドル人生を狂わせたという。そして、内田はある出来事をきっかけにAKB48から引退することを決意する。華やかなアイドルの世界と決別した内田はその後、20歳という若さで5000万円もの借金をしてしまう。それはいったい何故なのか。新たな道へと彼女を奮い立たせた想いとは。新たな輝きに向けて進む内田の姿に迫る。

オリコントピックス

 を検索