• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “新時代のバラエティー女王”ゆきぽよが語る、独自のバラエティー哲学

“新時代のバラエティー女王”ゆきぽよが語る、独自のバラエティー哲学

 タレント・モデルのゆきぽよ(23)が、5日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)に登場。“新時代のバラエティー女王”と呼ばれるほど売れっ子となった今、独自のバラエティー哲学を語った。

 ギャルファッション誌『egg』読者モデルとしてデビューしたゆきぽよは、Amazon Primeの恋愛リアリティーショー『バチェラー・ジャパン シーズン1』に参加し、キュートなルックスと明るい性格で一躍ブレイク。ギャルタレントブームの牽引役として、数々のバラエティー番組やファッションショーに次々と出演している。

 今年の上半期の番組出演数が100本を超え、今やすっかりお茶の間に浸透。日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』では、レスリングの吉田沙保里を「人間界の獣」と呼ぶなど、“おバカ”なキャラクターで知られるが、そこに隠された独自の哲学とは? テレビでは見せない真面目な顔で、「ノリと勢いには甘えません!」と思いをたっぷり明かしている。

 同号にはそのほか、彩川ひなの、加藤理恵、佐藤寛子、松下玲緒菜などが登場。表紙を飾ったのは、タレントの源藤アンリ。

オリコントピックス

 を検索