• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ふぉ〜ゆ〜福田&辰巳コンビ『M-1』2回戦突破 「ジャニーズあるある」で“快進撃”

ふぉ〜ゆ〜福田&辰巳コンビ『M-1』2回戦突破 「ジャニーズあるある」で“快進撃”

 ジャニーズ事務所所属の4人組ユニット・ふぉ〜ゆ〜福田悠太辰巳雄大のコンビ「つ〜ゆ〜」が16日、『M-1グランプリ2019』の2回戦を見事に突破し、3回戦へとコマを進めた。福田は「とにかく緊張しました」と振り返り、辰巳は「3回戦では、お客さんにもっと最初から笑ってもいいんだという空気づくりをするよう頑張ります」と意気込んでいる。

 2人は、先月26日に大阪・朝日生命ホールで開催された1回戦に出場。ジャニーズ事務所から初参加、当の2人にとっても初めての漫才だったが「ジャニーズあるある」のオリジナルネタと、舞台で培った“表現力”と“話術”で、会場を盛り上げ、見事初戦を突破し、2回戦に進出した。

 きょう16日には、東京・雷5656会館ときわホールにて開催された2回戦に出場。1回戦で披露した「ジャニーズあるある」のオリジナルネタを、さらに濃厚・濃密に仕上げ、3分間を爆笑の渦に。漫才に挑戦して間もないとは思えない、洗練された舞台となった。終演後、厳正な審査が行われ、見事2回戦を突破し、3回戦に進むことになった。

 福田は「とにかく緊張しました。もちろん舞台でも緊張はするんですが、ここまで緊張するのかと…自分自身の状態にウケました。そんな状況で最後まで漫才をやり切れたことがとにかくよかったです」とコメント。

 辰巳も「やり切ったという感じです。お客さんに笑ってほしいというところで笑いが起きたところもあれば、そうじゃないところもあって…2回戦は3分間だったんですが、見てる側の3分間と全然違うと感じました。1回戦のときも思いましたが、芸人さんってやはりすごいなと」と胸中を吐露。

 「3分間にすべてを詰め込むプロ。自分たちもそうなりたいと思いました。3回戦では、お客さんにもっと最初から笑ってもいいんだという空気づくりをするよう頑張ります」と、力を込めている。

 漫才日本一を決定する『M-1グランプリ2019』は、昨年、エントリー数4640組の頂点に、史上最年少“M-1王者”霜降り明星が輝いた。令和初のM-1王者は一体誰になるのか? 決勝は、12月、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送される。

オリコントピックス

 を検索