• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “恩師”を探すバラエティー「感動した!」「再放送してほしい!」と反響

“恩師”を探すバラエティー「感動した!」「再放送してほしい!」と反響

 テレビ東京系で10月スタートの新番組『先生、、、どこにいるんですか?〜会って、感謝の言葉を伝えたい。〜』が、初回の4日に続いて、2回目の11日も2時間スペシャル(後6:55〜8:50)で放送。今回は、石田純一、大和田伸也、加藤雅也、橋本マナミの4人がそれぞれ、会いたい先生を自分の力で探す姿に密着する。

 7月に特番で放送してから3ヶ月でのレギュラー化。記憶に残る先生、背中を押してくれた先生に、会って「ありがとう」と伝えたい。テレビの総力をあげて先生を探し出すのは簡単だが、あえてそれをせず、ゲスト自身が、地元の人や同級生などに聞きまわり、ガチで居場所を突き止めるまでをドキュメンタリーとして追いかける。MCはユースケ・サンタマリアと南海キャンディーズ(山里亮太、しずちゃん)。

 4日放送回では、赤井英和、津田寛治、神保美喜が会いたい先生を探した。中学卒業から45年ぶりに恩師と再会を果たした赤井。津田が会いたがっていた小学生の時の先生はすでに亡くなっていたり、神保はわずかな手がかりを得て、急きょ、海外の貧民街まで探しに行ことになったり。三者三様の展開に、視聴者からは「感動した!」「再放送してほしい!」など多くの反響があったという。

■石田純一:捜索72時間! 47年ぶり衝撃の再会

 高校生のころ、当時東京で1、2の受験校だった都立青山高校に通っていた石田。面白い本質的な授業をしてくれた現代国語の先生に会いたいという。「現象面に捉われるな」と強く言われたことが印象に残っているといい、石田は「今の座右の銘になっている」と語る。役者として特徴がないと言われたが、座右の銘で次々とトレンディドラマの主演を飾るようになった。大捜索の末、都内にいるという先生の長男と連絡が取れる。石田が“ガチ”で探していると…衝撃の結末が待っていた! 47年ぶりの恩師。本当に生徒を愛した知られざる生き様とは? “トレンディ俳優”の人生の転換点とも言える先生との出会い。先生の足跡を追う。

■大和田伸也:“64年前の奇跡写真”とは?

 小学生のころ、学芸会で浦島太郎役に抜てきされたという大和田。なぜ主役に抜てきしたか知りたいという。そして主役に抜てきした大和田が役者になったことを先生は知っているか確かめたい。地元・福井県敦賀の母校を訪ねると、衝撃の事実を伝えられる。役者としてきっかけをあたえてくれた先生。64年ぶりの再会で知った奇跡の一枚の写真に、大和田絶句。

■加藤雅也:自分を救ってくれた先生はいじめと闘う名誉教授に

 大学生の頃、当時芸能界に進むか悩んでいた加藤は、自分のことを理解してくれて背中を押してくれた大学のゼミの先生に会いたい、という。大学の教授という感覚はなく兄貴的存在で接しやすかった先生。モデルの道を選んだ加藤に、「経験をつめ、勉強しろ、世界を見ろ」との先生の一言が人生を変える。「失敗した!というのもチャレンジした結果だ」という加藤。「知恵や知識は誰も没収できない」という先生の言葉をずっと忘れないでいたと語る。果たして31年ぶりの再会はなるか? 母校の横浜国立大学へ。

■橋本マナミ:鬼恩師は伝説ダンサー! 美空ひばりと共演秘話

 全日本国民的美少女コンテスト「演技部門賞」を受賞し、高校生のころ、山形から上京してきた橋本。厳しい指導で辞めていく生徒もいる中、橋本には態度が違った。「できないと集中して教えてくれた。声をかけてもらって救われた。なぜ自分を気にかけてくれたのか聞いてみたい」と語る。上京して頼りのない中、母のように接してくれたダンススクールの先生に会いたい。東京で、先生の足跡を追うと、鬼恩師はとんでもないカリスマ先生だった!?

関連写真

  • 10月11日放送、『先生、、、どこにいるんですか?〜会って、感謝の言葉を伝えたい。〜』(左から)山里亮太、しずちゃん、加藤雅也、橋本マナミ、ユースケ・サンタマリア(C)テレビ東京
  • スタジオ収録にも参加した加藤雅也と橋本マナミ(C)テレビ東京
  • スタジオ収録の様子(C)テレビ東京
タグ

オリコントピックス

 を検索