• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 柳家小三治、79歳でたどり着いた境地「まずは自分が楽しまなきゃ」

柳家小三治、79歳でたどり着いた境地「まずは自分が楽しまなきゃ」

 人間国宝の落語家・柳家小三治(79)が3日、東京・有楽町朝日ホールでCD『朝日名人会ライヴシリーズ・柳家小三治』6ヶ月連続発売を記念したイベント『柳家小三治の会』を開催した。

【写真】その他の写真を見る


 一昨年には、変形性頚椎症のために手術を受けていた小三治だが、その後の高座について記者から「楽しそうに演じられているように感じる」と指摘されると「自分では意識してないけどね、そうですか。ありがとうございます。音楽でも芝居でも、そういうものに気づき始めたのかもしれないですね。まず自分が楽しめなきゃ、人に楽しさは伝わらないよなって。楽しいって感じてもらえることがうれしい。この先どうなっていくんでしょう。この辺がターニングポイントになるのかもしれないですね」と明かした。

 現在の体調については「ご覧になった通りですね」とニヤリと笑いながら「少なくとも、自分の期待から言えば、あと3年で何とかまともに戻ってもらいたい。戻ることはできないだろうから、新しい自分でいられるように生まれ変わってもらいたい」とコメント。

 「今、は線路ないですね。脱線だらけ。脱線しても、脱線のありように。それなりの走り方が見つかったら、新しいものが出るんじゃないかな」と期待を寄せながら「後輩たちを見ていると、みんな誰かがそれを評価してくれるだろうと期待しながらやっている。それよりも自分はどうなんだと。お前はどうなんだと。自分が何をしたいのかが一番大事」と次世代に檄(げき)を飛ばしていた。

関連写真

  • 朝日名人会ライヴシリーズCD6ヶ月連続発売記念「柳家小三治の会」イベントに登場した柳家小三治 (C)ORICON NewS inc.
  • 朝日名人会ライヴシリーズCD6ヶ月連続発売記念「柳家小三治の会」イベントに登場した柳家小三治 (C)ORICON NewS inc.
  • 朝日名人会ライヴシリーズCD6ヶ月連続発売記念「柳家小三治の会」イベントに登場した柳家小三治 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索