• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 高畑充希主演『同期のサクラ』追加キャストに相武紗季、草川拓弥、大野いとら

高畑充希主演『同期のサクラ』追加キャストに相武紗季、草川拓弥、大野いとら

 女優の高畑充希が主演する10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜 後10:00)の追加キャストとして、相武紗季草川拓弥超特急)、大野いとらが決定した。高畑演じる主人公・サクラの先輩・すみれを演じる相武は「サクラたちを時には厳しく、時には温かく見守りながら、すみれ自身も成長していく10年になると思います。姉御肌な役柄は初めてなので新しいキャラクターを演じることにワクワクしています」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは高畑が主演し話題を呼んだ同局連ドラ『過保護のカホコ』制作チームが集結し、高畑と、脚本家・遊川和彦氏が再タッグ。過疎の離島で育ち、故郷に橋をかけるという夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できないサクラが駆け抜けた10年間を毎話1年ずつで描いていく。

 相武が演じるのは、サクラが入社する花村建設の人事部の先輩・火野すみれ。サクラたち新入社員の3週間の新人研修を担当する。サクラとはちょうど10歳年が離れた先輩で、社会人としても、『働く母』としても奮闘中。新入社員ながらも、まったく忖度せずに我が道を行くサクラの行動に振り回されるが、そのまっすぐな生き方に、かつての自分の姿を重ね合わせていく。

 相武は「遊川さんの脚本には愛があふれています。今回の作品もそれぞれの役柄がどう成長していくのか、とても楽しみです」と期待を寄せつつ「成長して、環境に慣れるほど、全力で何かに向き合う事が難しくなってしまう気がするので、新入社員が新しいことに挑戦している姿はきっとまぶしく、うらやましいほどだと思います。先輩の立場として失敗をフォローするのは大変ですが、失敗を恐れず新しい風を吹かせてほしいと思います!」と主人公へエールを送る。

 サクラの住んでいるアパートの隣人カップル役として、草川と大野が起用。アパートの壁は非常に薄いため、ほとんどの言動がサクラに筒抜け。10年間、隣人として、サクラを見守り続けるこのカップルが、実は、サクラの後半の物語のキーパーソンとなる。大平太プロデューサーは「隣人役のお二人には、毎回、お約束のようにサクラとの『朝の一コマ』を用意しています。今回のドラマは、サクラの10年間を描くわけですが、全く変わらないサクラに対して、恋人から夫婦になり、子供を産み、転職、離婚の危機を迎え…と変化していく隣人カップルとサクラのやり取りを楽しんでもらえたらと思います」と見どころを明かしている。

関連写真

  • 新水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する相武紗季
  • 新水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する大野いと
  • 新水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する草川拓弥(超特急)

オリコントピックス

 を検索