ASKA、デビュー40周年記念日にチャゲアス脱退 CHAGEへの思いも吐露

 シンガー・ソングライターのASKA(61)が25日、この日をもって音楽デュオのCHAGE and ASKAから脱退することを発表した。この日はチャゲアスのデビュー40周年の記念日だった。

 ASKAは「2019年8月25日をもちまして、CHAGE and ASKAから脱退いたしますことをご報告させていただきます」と表明。これまでの活動を振り返りながら「今後の活動を継続していく中で、CHAGE and ASKAというグループを維持していくことが最善の選択なのか、 ASKA及びスタッフ一同で話し合った結果、デビュー日という本日をもちまして、 CHAGE and ASKA からの脱退を選択することとなりました」と報告した。

 チャゲアス復活を望んでいた人たちに対して「とても残念なお知らせとなってしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、「今後は、ソロ活動に邁進していく所存でございますので、変わらぬご支援とご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と決意を新たにした。

 ASKAは同時、ブログも更新。脱退の理由について「片方だけが語ることではありません」としながら、「『もっと本音で、心から語り合うことができてたら』と思わざるを得ません」と心境を吐露。決断に至った経緯をつづりながら「その上で、お伝えしたいことは、『オレは、別にアイツが嫌いなわけではないよ』です」とChageへの思いも明かした。

 1979年8月25日に「チャゲ&飛鳥」としてデビューし、「万里の河」「SAY YES」「YAH YAH YAH」など多数のヒット曲を生み出してきたチャゲアス。10年前の2009年にソロ活動の充実のため無期限活動休止を発表した。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索